タイ最大級の規模の夜市として有名なのが、チェンマイのナイト・バザール。
夕方から深夜まで毎晩開催されているので、チェンマイの寺院巡りや街歩き、郊外へのトリップで一日遊んだあとも、体力が残っていれば、ぜひショッピングや軽食を目当てに繰り出しましょう!

チェンマイ旧市街の東の入口、ターペー門から東南の方角に位置するナイト・バザールは、ファーストフードやホテルが並ぶチャンクラン通りで開催されます。約1キロメートルに渡り路面店や小さな露店が軒を連ね、ぶらぶらと歩くだけでも楽しいです。

露店には裸電球が輝き、お祭りのような賑やかな雰囲気。Tシャツ、水着、ドレス、サンダル、バッグ、雑貨、アクセサリー、カラフルな布、置き物・・・いろいろな物を売る露店がとにかくたくさん並んでいます。

シルバーの丸い玉飾りをたくさんつけた帽子をかぶった山岳民族・アカ族の女性が、手作りの雑貨や工芸品を売り歩く姿も。

ナイトバザールは屋外の露店だけでなく、屋外型バザールもあります。こちらの「カレー・ナイト・バザール」もその一つ。

入り口付近にあるステージでは、タイの伝統舞踊や楽器演奏などのショーを随時無料で開催しています。

カレー・ナイト・バザールの両側には小さな個人商店がずらり。

バザールの中央スペースでは、ポシェットやポーチ、ストラップやマスコットなどの小さな雑貨を売る露店。

一つ40〜50バーツ(約124円〜155円)程度のポーチは、カラフルな刺繍がキュート。「○個買うからまけて!」と値切り交渉も可能なので、友達用にたくさん買いたい人はディスカウントをお願いしてみて。

フードコートも複数あるので、ショッピングに疲れたら腹ごしらえをして一休み。屋内バザールにはお手ごろ価格でマッサージをしてもらえるお店もたくさんあるので、時間があればトライしてみては。

チャンクラン通りとロイ・クロー通りが交差するあたりがナイト・バザールの中心。バーガーキングやスターバックスコーヒーが目印です。ごちゃごちゃとして迷いそうな印象のナイト・バザールですが、チャンクラン通り沿いには夜遅くまでたくさんのトゥクトゥクやソンテウが客待ちをしているので、帰り道の心配もありません。

ぜひ、チェンマイの夜は、タイ最大級のにぎやかな夜市「ナイト・バザール」へ繰り出してみてくださいね。
深夜まで人通りの絶えないエネルギッシュな空間に、旅のワクワク感が盛り上がること間違いなしです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

チェンマイ ナイト・バザール
チャンクラン通り(Chang Klang Rd.)周辺で毎晩開催(営業時間は店により異なる)
ターペー門から徒歩で15分ほどの距離なので、旧市街内のホテルから行く場合は、トゥクトゥクやソンテウの利用が便利です。

※記事中の金額は実際に旅行をした2016年8月のレート、1タイバーツ=3.1円で計算しています。