写真提供:マイナビニュース

写真拡大

FCAジャパンは18日、フィアット「500」の限定車「500 スーパーポップ フリースタイル」を発表した。27日から全国のフィアット正規ディーラーにおいて販売開始する。

同モデルは「500 1.2ポップ」をベースモデルとし、限定車ならではの低価格を特徴としている。ボディカラーは「500」で最も人気の高い「ボサノバホワイト」と、女性に人気の「パソドブレレッド」を用意。限定車としての特別装備はボディ後部のバッジのみとなっている。

エンジンは1,240ccの直列4気筒8バルブで最高出力は69PS。ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」との組み合わせで、JC08モード燃費は19.4km/リットルという経済性を発揮する。価格は、ベースモデルよりも約16万7,000円低い183万600円(税込)。「500」で最も低価格なモデルとなっている。

(山津正明)