余っても安心♪かき氷のシロップアレンジレシピ

写真拡大

夏の風物詩、かき氷。自宅で楽しむ人も多いでしょう。しかし、せっかく買ったシロップが余ってしまうことはありませんか? しばらく冷蔵庫に入れておくけれど、結局捨ててしまう…。そこで、かき氷のシロップをちょっと違った使い方で消費する方法を紹介します。

●簡単シロップクッキー

余ったかき氷シロップを使って、色鮮やかなクッキーはいかが?

材料(2〜3人分)は、おからパウダー(10g)、かき氷シロップ(40cc)、小麦粉(50g)、マヨネーズ(20g)。

□作り方

1)おからパウダーとかき氷シロップをよく混ぜる

2)小麦粉とマヨネーズを加え、さらに混ぜる

3)成形し、180度のオーブンで10〜15分焼いて完成!

カラフルなクッキーは、見た目も可愛くて子どもが喜ぶはず。ママ友会などの手土産にも使えそうですね。

●手作りグミ

子どもが大好きなグミも、手作りすれば節約できます!

材料は、かき氷シロップ(大さじ1)、水(大さじ1/2)、粉ゼラチン(3g)。

□作り方

1)耐熱容器かマグカップに材料を全て入れて、600Wの電子レンジで約20秒加熱する

2)ゼラチンが溶けるまでしっかり混ぜる

3)スプーンで型に流し込む

4)冷蔵庫で30分以上、冷やし固めたらできあがり!

危険な作業もなく、簡単にできるので、子どもと一緒に作ってみるのも楽しいと思いますよ。

●蒸しパン

朝ごはんにもおやつにもなる蒸しパン。シロップで色をつければ特別感アップ!

材料は(6.5cm型で9個分)は、ホットケーキミックス(150g)かき氷シロップ3種類(各大さじ1)、牛乳(各大さじ1強)、サラダ油(各1個小さじ1)。

□作り方

1)ホットケーキミックスを50gずつ、3つのボウルに分けておく

2)それぞれのボウルにシロップと牛乳を入れる

3)サラダ油をそれぞれのボウルに小さじ1ずつ入れる

4)よく混ぜ、1つのボウルにつき、3つのカップに分ける

5)蒸し器で25分ほど蒸して完成!

蒸す方法は、電子レンジにスチーム機能がついていれば、それでもOK。竹串を刺して、生地が付いてこなければ蒸しあがりのサインです。

かき氷のシロップも、使い方次第でさまざまな料理に使えます。冷蔵庫のなかに、眠っているシロップがあるママは、ぜひ試してみてください!

(文・明日陽樹/考務店)