ラスヴェガスでは、スマホでも「本物のギャンブル」ができる

写真拡大

ラスヴェガスのリゾートホテルで、米国初の実際のお金を使った「モバイルギャンブル」が始まっている。デジタル世代の若いギャンブラーたちにアピールすることが目的だ。

SLIDE SHOW 「ラスヴェガスでは、スマホでも「本物のギャンブル」ができる」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-saphiresevens-980x835

2/4「Sapphire Sevens」
IMAGE COURTESY OF EASYPLAY

03-empireaction-980x878

3/4「Empire Action Bingo」
IMAGE COURTESY OF EASYPLAY

04-25diamonds-980x821

4/4「25 Diamonds」
IMAGE COURTESY OF EASYPLAY

Prev Next

ネヴァダ州ラスヴェガスに本拠を置く総合リゾート企業・MGM Resortsは7月半ば、米国初の「“リアルマネー”・モバイルギャンブル・プラットフォーム」を開始した。

21歳以上であれば、ラスヴェガスにあるMGM傘下の各種ホテルのWi-Fiネットワークに接続して、大事な資金を一攫千金のチャンスに賭けることができる。それもすべて、スマートフォンやタブレット、ノートPCから。

MGM Resortsのリリースによると、このプラットフォーム「easyPLAY Mobile Tournaments」は、「ラスヴェガスを象徴する9軒のリゾートホテルの客が、プール際にいるときや、バーでカクテルを飲みながら、あるいは、部屋でただくつろいでいるときなどに、携帯端末を使ってさまざまなトーナメント方式のゲームでほかのプレイヤーと競い合うことができる」ものだ。携帯端末を忘れた客向けに、ホテルの中にもプレイをするためのマシン「InteractivePro Tables」が置かれている。

ゲームの種類は、ビンゴ、スロット、ヴィデオポーカーだが、これからさらに増える予定だという。プレイができるMGM系列のリゾートホテルは、いずれもネヴァダ州ゲーミング規制委員会の承認を受けている。

これは、ラスヴェガスのカジノが、デジタル世代の若いギャンブラーたちを惹きつけるために採用した最新の手法だ。ただし、こうした仮想ギャンブルがギャンブラーたちに受け入れられるかどうかは、また別の話だ。ラスヴェガスを拠点とするオンラインポーカー会社・Ultimate Gamingは、19カ月間操業したのち2015年に撤退している

RELATED