18日、中華圏最大級のミスコンテスト「ミス香港」のファイナリストたちが、水着と浴衣姿を披露した。

写真拡大

2016年8月18日、中華圏最大級のミスコンテスト「ミス香港」のファイナリストたちが、水着と浴衣姿を披露した。国際在線が伝えた。

【その他の写真】

香港最大のテレビ局・無線電視(TVB)が主催し、前身のミスコンから数えると70年の歴史を持つ「ミス香港」。これまでに数多くのスターを生み出した実績を持ち、中華圏最大級のミスコンとして毎年注目を集める。

来月11日に最終決戦を控え、今月14日には10人のファイナリストが誕生。現在、10人は九州へ飛び、番組ロケの真っ最中だ。18日、福岡県のビーチで全員がまぶしい水着姿を披露。さらに浴衣姿も見せ、しっとりしたやまとなでしこ風に変身している。

1票でも多く獲得するため、視聴者向けのPRには格好の舞台となる番組ロケ。プレッシャーも大きい中、ファイナリスト10人はそれぞれ、日本での観光もたっぷり楽しんでいる様子だ。17日には福岡ソフトバンクホークスの聖地、ヤフオクドームで数人が野球を観戦。櫛田神社で剣道を学んだり、ショッピングのため繁華街の天神に繰り出すなど、それぞれが九州の旅を満喫している。(翻訳・編集/Mathilda)