【追記あり】ようやくフランク・オーシャンの新作を聴ける日がやってきた!

写真拡大

『Boys Don’t Cry』というタイトルの新作を出す、と言いながら長い間発売を延期していたフランク・オーシャンが、Apple Musicで新作『Endless』を発表した。さらなる新曲が近いうちに発表される可能性もあるという。

「【追記あり】ようやくフランク・オーシャンの新作を聴ける日がやってきた!」の写真・リンク付きの記事はこちら

フランク・オーシャンのグラミー賞受賞アルバム『Channel Orange』リリースからいままでの4年間、この28歳のシンガーソングライターは、新曲の約束(とさらなる約束、とさらなる約束)でわたしたちを悩ませてきた。謎めいた文書、興味をそそる映像のヒント、果たされなかったリリース日──これらはすべて、『Boys Don’t Cry』というタイトルになると噂された、あるアルバムを巡っての出来事だ。

だが米国時間8月18日(木)の夜、新作『Endless』によって、わたしたちはとうとうオーシャンの恵みの一滴を、受け取れるようになった。『Endless』は45分間、18曲の「ヴィジュアルアルバム」で、 Apple Musicで限定配信されている。

オーシャン自身が監督し、ハイコントラストな白黒映像で撮影された『Endless』の物語は、場所を変えずにゆっくりと進む。物語のなかで、歌い手であるオーシャンは大きな倉庫で働いており、のちに、巨大な木の階段であるとわかるものを組み立てている。音楽は、オーシャンのしなやかで高まりのある声を目立たせるもので、奥行きがあり、幻想的で、ミッドテンポのナンバーが詰まっている。

『Endless』には「Florida」や「Device Control」といった新曲とともに、たくさんのアンビエント楽曲や、アイズレー・ブラザーズの1976年のヒット曲「At Your Best(You Are Love)」のカヴァーも入っている。映像のエンドクレジットによると、「At Your Best」のストリングスは、レディオヘッドのギタリスト、ジョニー・グリーンウッドによって編曲されている。

このアルバムに取り組んだそのほかのアーティストには、ジェイムス・ブレイク、インディーズのシンガーソングライターであるAlex G、R & Bの女王ジャズミン・サリヴァン(彼女の最新作『Reality Show』はとても素晴らしく、iTunesを使っているなら聴くべきだ)などがいる。

『Endless』は、オーシャンの「長い週末」の始まりに過ぎない。Apple Musicから出された声明によると、リスナーたちは「今週末、フランクからさらに発表されるものに注目」すべきだという。この歌手がかつて、自身の最新プロジェクトに「2つのヴァージョン」があると誓ったことを考えると、わたしたちが『Boys Don’t Cry』も耳にできる可能性は高い。

さらに言えば、『ローリング・ストーン』によれば、オーシャンはまた考えを変えて、アルバムのタイトルはもう『Boys Don’t Cry』にしないのだという。

結局のところ、何が起こるかは誰にもわからない。が、フランク・オーシャンはさらなる新曲を世に出すか、もしくは彼はあなたの家に現れて、トイレを増築しようかと申し出るかもしれない[同性愛者であることをカミングアウトしているオーシャンは今年6月、出生証明書と同じ性別のトイレを使わなければいけないというノースカロライナ州の「トイレ法」に対してメッセージを発表している]。

いずれにせよ、ぼくらのなんと幸せなことか!

[2016.08.21 14:00追記]ヴィジュアルアルバム『Endless』に続き、Apple Musicでは『Blonde』の配信が始まっている。『Pitchfork』の記事によると、こちらのアルバムにはコントリビューターとしてデヴィッド・ボウイやカニエ・ウェスト、さらにはビートルズまで、名だたるアーティスト名がクレジットされている。下記は、元『ビルボード』誌エディターによるツイート。

Album contributors pic.twitter.com/XLNOXTZEIS

- steven j. horowitz (@speriod) 2016年8月20日

RELATED