可愛すぎる!子ども達のバレバレな“隠し事”エピソード

写真拡大

子どもは嘘が下手なもの。ほとんどのことは、本人は隠しきれているつもりでも、実はバレバレだったりしますよね?

今回はママ100人に、思わず笑ってしまった、子どもの”隠し事”エピソードを教えてもらいました。
トイレ事情
おねしょもおもらしも、絶対に認めたくないんです…!

­

・「うちの娘は、1〜2歳のころオムツにうんちをするときに、必ずどこかに隠れてしていました。カーテンの中に隠れたり、部屋の隅に行ったり。外出先では、お店の陳列棚の隙間できばっていたことも…(笑)。3歳をすぎてようやくトイレですることを覚えてくれてほっとしています」

­

・「おしっこを失敗した時に、濡れたパンツを一生懸命自分で洗い、他の洗濯物と並べて干していました」

­

・「おならをしたのに、必死でしたことを隠して、下の子のせいにしていたこと」

­

・「おねしょを隠蔽するために、シーツやパジャマを押し入れに隠していました」

­

・「おもらしをしてしまったパンツを、下駄箱の隅の方に隠していました。数週間は経過していたので、カピカピに乾いていて異様な物体に変化していました」

­

・「外出先で久しぶりにおもらししてしまった3歳の娘。私が、歩き方がおかしいことを指摘すると、『ちょっとね、おまたに汗かいちゃったかも』」

­

・「幼稚園の息子ですが、バッグにおもらししたズボンが。息子いわく、『水遊びしてぬれちゃった』と。においは明らかにおしっこだけど…」

­

・「ベタだがやっぱりおねしょやおもらしは隠したいよう。ハムスターにおねしょの罪をなすりつけようとしたときにはつい笑った」
恋愛事情
子どもとはいえ、プライバシーをのぞいちゃだめです!

­

・「中学に入って友人(女の子と男の子のグループ)と初めてプリクラを撮ったらしく、机の引き出しの奥にそっとしまっていました」

­

・「バレンタインでチョコをもらった時、恥ずかしかったみたいで自分の机の裏に隠していました」

­

・「学習机のカギがかかる引きだしを開けると(ロックされていましたが合鍵で開けました)、同級生の女の子からと思われるラブレターが入っていました」

­

・「好きな女の子への手紙をカバンの中にかくしていて、思わずニヤリ」
性への好奇心
最近はパソコンやスマホで簡単に検索できるので、好奇心でおさまる範囲ならいいですが、犯罪に巻き込まれないようご注意を!

­

・「隠し事っていうか、長男が4年生くらいになっとき。パソコンの前で何か怪しいことやってるなあと思って、あとでこっそり履歴を見ると、おっぱいおっぱいと検索していました。順調に第二次性徴期がきた証拠ですね」

­

・「息子が小学校6年生の時、新聞に掲載された卑猥な週刊誌記事の広告の一部を切り取って机の下の方に隠していました。見つけたときに息子に聞いたら、恥ずかしそうに言い訳していました」
おやつ大好き
おやつ問題に関しては必ず共犯者がいます!

­

・「『ほんとは内緒なんだけどね、今日じいじにおやつとジュース買ってもらっちゃったの』といつも義実家で義父におやつを買ってもらう娘。甘いモノは普段あまりあげていないので義実家へ行くときの楽しみになっています。ママには内緒だよ、というのが嬉しいみたいです」

­

・「3歳の娘がおばあちゃんと買い物へ行ったときの話です。その日は、チョコレートを食べ過ぎていたのでお菓子駄目だよ!と言って行かせました。戻ると娘は両手を後ろに隠し、私にバレないようカニ歩きでおじいちゃんの元へ。娘はお菓子を開けてもらおうと、必死にコソコソお願いしていました(笑)」