大阪大学は2016年8月17日、冷却シートのような形をしたパッチ式脳波センサーを開発したと発表した。睡眠中の脳の状態を手軽に計測できて、睡眠障害の治療に効果が期待される。

これまで、睡眠中の脳波は大型の医療機器を使い、専門技師が必要だったため、医療機関に行かないと測定できなかった。今回のパッチ式脳波センサーは手軽に家庭で扱えるうえ、大型医療機器と同じ精度で計測できるという。

睡眠以外にも様々な分野で活用が期待されている。発表資料によると、認知症を含む脳の病気の早期発見や、要介護者の見守りセンサーに役立つそうだ。また、勉強中の子どもの脳波がすぐ測定できるため、どの科目に集中しているかがわかり、学習能力の向上にも応用できるという。