「台ワンダフル」に出演するファイヤーイーエックスのメンバーら

写真拡大

(東京 20日 中央社)台湾音楽を日本に紹介するため2014年から文化部(文化省)が実施しているイベント「台ワンダフル」が19日、東京都内で開かれた。

出演したのは、ファイヤーイーエックス(Fire EX.、滅火器)、ハッシュ(HUSH)、エレファントジム(大象体操)の3組で、いずれも日本の大規模ロックフェスティバル「サマーソニック」(サマソニ、8月20日〜21日)に参加する人気アーティスト。

イベントには、昨年ゲストとして参加した人気メタルバンド「ソニック」(閃霊)のボーカルで、今年1月の選挙で立法委員(国会議員)に当選した林昶佐氏も登場。今後も日台の文化交流を促進していきたいと抱負を述べた。林氏は前回のイベントで、立法委員として東京に戻ってくると語っていた。

また、ソニックのリーダーを務めるドリスも、映像を通じて台湾アーティストらのライブ成功を祝福。「台ワンダフルによって、さらに多くの日本の音楽ファンに台湾の音楽を知ってもらい、好きになってほしい」と期待を示した。

このほか、ライブ終了後には出演アーティストとの「ハイタッチ会」も開かれた。

(楊明珠/編集:杉野浩司)