神楽坂のキュレーションストア「ラカグ」がリニューアル 小沢宏の新ブランドがデビュー

写真拡大

 サザビーリーグが、神楽坂のキュレーションストア「ラカグ(la kagu)」を8月20日にリニューアルオープンした。東京初進出となる京都生まれの「喫茶マドラグ」や通販サイト「ハッチ(HATCH)」のショップインショップのほか、ガジェットやアイウエア、ジュエリーのコーナーを新設。また、「ヌメロウーノ(Numero Uno)」などを手がけるスタイリスト小沢宏による新ブランド「オザワヒロシ エディストリアル(OZAWAHIROSHI EDISTORIAL)」が、ラカグのリニューアルにあわせてデビューした。 「ラカグ」がリニューアルの画像を拡大

 ラカグは、「Revalue」をコンセプトに「衣食住+知」を提案するキュレーションストアとして2014年10月に開業。新潮社書庫をリノベーションし、隈研吾建築都市設計事務所が外観デザインを手がけた。 開業後初となる今回のリニューアルでは、サザビーリーグにより内装を一新。奥に配置していたレジカウンターを中央に配置して買い物をしやすい雰囲気を創出したほか、雑貨小物を増やすなどエッジの効かせたアイテムをセレクトすることで、近隣の住民だけではなく観光客や神楽坂近辺で働くオフィスワーカーを対象にリピーターを増やしたい考えだ。2階のGALLERY-SPACEではリニューアル後第1弾の企画として、ニューヨーク発刊のスポーツ&アートマガジン「VICTORY JOURNAL」の販売とモハメド・アリの写真展を開催。今後も定期的にイベントを展開していくという。 リニューアルにあわせてローンチした「オザワヒロシ エディストリアル」は、「EDITORIAL(編集)」と「STORY(物語)」を組み合わせた造語で、パターンから素材、縫製、付属品まで小沢宏が考える"最高のもの"を取り入れたアイテムを提供。ファーストコレクションでは、カシミアメルトンや絣織り、ウールカシミヤ、シルクビーバーを使用した4つのルックを発表し、先行受注している。価格帯は税別11万5,000円〜63万円。■la kagu ( ラカグ )所在地:162-0805 東京都新宿区矢来町67番地TEL:03-5227-6977営業時間:SHOP 11:00 - 20:00 / CAFE 11:00 - 20:30 (L.O. 20:00)公式サイト