男子競歩の荒井広宙 失格処分から一転、銅メダル獲得の裏側

ざっくり言うと

  • 陸上男子50キロ競歩で、荒井広宙が3時間41分24秒の3着でゴールした
  • 失格処分になったが、麻場一徳監督が上訴して裁定が覆り、3位が確定した
  • 荒井は「カナダの選手から謝ってきてハグした」と、問題がないことを語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング