竹中直人が演じた『秀吉』は10位にランクイン

写真拡大

 現在放送中の大河ドラマ『真田丸』は好評を博しているが、歴代最高の大河ドラマは何なのか? 時代劇研究家・春日太一氏とともに50年超の放送史を振り返り、名作を完全ランキング化した。春日氏が選んだベスト10の中から、6位〜10位の作品を春日氏の寸評(「」内)とともに紹介しよう。

【6位『太平記』(1991年)】
主演/真田広之(足利尊氏)、原作/吉川英治、脚本/池端俊策・仲倉重郎

 激動の南北朝時代を生きた室町幕府初代将軍・足利尊氏の活躍と苦悩を描く。大河初のふるさとコーナーが人気に。

「日本史上でも屈指の混沌とした時代が、情熱的に描かれている。歴史の端境期のどさくさに現れた英雄から悪党まで、野心を抱えた有象無象が歴史の表舞台に現れては消えていった。

 役者たちもクセ者揃いで、鎌倉幕府の最高権力者として立ちはだかる長崎円喜役のフランキー堺、その陰で悲劇的な最期を遂げる片岡鶴太郎、尊氏に従いながら腹の底を見せない佐々木道誉役の陣内孝則と高師直役の柄本明……。

 アクの強い面々に囲まれて、尊氏役の真田だけは爽やかに演じており、歴史の渦の中心たる存在に説得力を与えていた」

【7位『風と雲と虹と』(1976年)】
主演/加藤剛(平将門)、原作/海音寺潮五郎、脚本/福田善之

 平将門と藤原純友、二人の男が繰り広げる夢と野望の物語。将門に影響を与えた二人の女性、貴子と良子も好演。第一回には海音寺潮五郎が登場し解説した。

「公家たちに虐げられてきた関東武士の想いを背負って反乱を起こす平将門を加藤剛が颯爽と演じる。

 前半から、朝廷の威を借りてやりたい放題の親戚たちに立ち向かい、京都に出仕してからは公家たちの横暴に怒り──そんな毅然とした加藤の英雄ぶりがいかにも頼もしく、反乱へと向かっていくドラマを飽きることなく盛り上げていった。

 一方で、取り巻く人間たちは敵味方ことごとく腹に一物があるため将門の孤高が際立ってもいて、最後の悲劇をどこか予兆させる哀しさがたえず漂っていた」

【8位『徳川家康』(1983年)】
主演/滝田栄(徳川家康)、原作/山岡荘八、脚本/小山内美江子

 重厚な山岡荘八の原作に忠実な演出。家康の類稀なる政治力・経営手腕も見どころ。信長役の役所広司の人気が爆発、出世作となった。

「これまで『狸親父』的なイメージの強かった家康に長身の二枚目滝田栄を配して、その「人間」としての生き方を掘り下げた作品。

 だからといって綺麗事で終わらせることはなく、信長(役所広司)の命令で長男を切腹せざるをえなくする姿や、晩年になって豊臣家を策謀によって追い込んでいく姿など、『手を汚す』様も丁寧に描かれていた。

 そのことでかえって、『たとえどんな困難なことがあろうとも戦のない時代を作ってみせる』という家康の想いが浮き彫りになっていき、陰湿で野心的な策謀家のイメージを一新している」

【9位『北条時宗』(2001年)】
主演/和泉元彌(北条時宗)、原作/高橋克彦、脚本/井上由美子

 幕府の内乱や蒙古の襲来など鎌倉時代中期を描いた唯一の大河ドラマ。乗馬や弓のシーンのリアリティが光る。お笑い芸人の宮迫博之が北条義宗役で演技に開眼。

「和泉元彌扮する主人公と、彼と争うことになる兄を演じる渡部篤郎はあまり頼りない。ただ、その脇を固める陣営は素晴らしい。

 特に、二人の父親役を演じる渡辺謙が圧巻だった。最初は爽やかな男だったのが権力を握る中で貫禄を増していき、やがて毒を盛られて迎える晩年は、どこか常軌を逸した狂気すら漂わせるようになっていく。

 顔を金粉でメイクして敵対者の殺害命令を下していく様はあまりに不気味で、狭い街でひたすら権力闘争の陰謀だけが渦巻いていた当時の鎌倉の閉塞感を体現した」

【10位『秀吉』(1996年)】
主演/竹中直人(豊臣秀吉)、原作/堺屋太一、脚本/竹山洋

 竹中の泥臭くエネルギッシュな秀吉に圧倒される。渡哲也演じる懐深い信長も忘れがたい。秀吉の決め台詞「心配御無用!」が流行語に。

「農民から天下人まで一気に駆け上がる秀吉の姿を竹中直人が躍動感あふれる芝居で魅せたが、それ以上にインパクトを残したのが、信長を演じる渡哲也だった。

 竹中の秀吉は『動』なのに対し、渡の信長は徹底して『静』。余計なことは口にせず、表情は厳しく強張ったまま決して動かすことはなく、いつも鋭い眼光でジッと相手を見据えながら低く押し出すような話し方で相手を威圧していく。そこにいるだけで震え上がりそうになる渡の雰囲気が、信長に圧倒的なカリスマ性をもたらしていた」

※なお、春日氏が選んだ1位〜5位は以下の通り。
1位『独眼竜政宗』(1987年)
2位『武田信玄』(1988年)
3位『草燃える』(1979年)
4位『翔ぶが如く』(1990年)
5位『黄金の日日』(1978年)

※週刊ポスト2016年9月2日号