東京糸井重里事務所では『ほぼ日手帳2017』を全79種類のラインアップで、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」および全国のロフト、取り扱い書店で9月1日より発売を開始する。

ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」のオリジナルグッズとして2001年に生まれた『ほぼ日手帳』は、2017年版で16年目を迎える。年を追うごとに使う人の数が増えていき、2016年版は61万部を販売し、ロフトの手帳部門の売上ランキングは12年連続で第1位を記録。ここ数年では、日本以外への出荷件数も増え、2016年版では世界84の国や地域でたくさん人々に使われている。

「ほぼ日手帳」は、全部で4タイプ。文庫本サイズの「オリジナル」、A5サイズの「カズン」、週間タイプの「weeks」、英語版の「Planner」。さらに、オリジナルとカズンには、半年の分冊版「avecくアヴェク〉」もある。さっそく2017年版の主な特徴を見ていこう。

ほぼ日手帳

◆2017年版も手帳本体の改良をしている

新ページ「Turning the page to a new year」(オリジナル/カズン/Planner)
手帳の使いはじめのウォーミングアップ用ページとして、前の年の出来事を振り返ったり、新年の決意を書いたり、古い手帳から引き継ぐ内容を記したり、自由に使える。

ほぼ日手帳

・「各月のトビラページ」のデザインを改良(オリジナル/カズン/Planner)
「1日ページ」の各月のはじめにあるメモスペースのデザインを調整し、使い勝手を良くした。野線の間隔や長さを見直したほか、上部に色を敷くことで、手帳をとじた状態でもトビラページを見つけやすくしている。

ほぼ日手帳

・「年間カレンダー」のデザインを改良(オリジナル/カズン/weeks)
オリジナル、カズン、weeksの「年間カレンダー」には見開きで3年分のカレンダーを掲載するようになった。また、見間違いを防ぐため、それぞれの年に「去年」「今年」「来年」の表記が入っている。

ほぼ日手帳

・「週間ページ+メモ」のデザイン改良(weeks)
週間ページの下のフリースペースをなくし、「週の言葉」を見開きで掲載することにした。これにより、長めの文章も掲載できるようになった。また「入れてほしい」という声の多かった、日本語の曜日表記が復活し、日英併記になった。

ほぼ日手帳

・「月間カレンダー」のボックスサイズを統一
日曜だけ狭くなっていた、「月間カレンダー」のボックスサイズを変更し、どの曜日のボックスにも、同じ量の予定を書き込めるようになった。また祝日の表記方法も変更し、確認しやすくなった。

分冊版のavecカズンに「週間ダイアリー」を追加

A5サイズのカズンについていたバーチカルタイプの「週間ダイアリー」を、avecカズンにも追加。ページ構成を同じにしたことで、通常版と同じような感覚で使うことができる。

ほぼ日手帳

◆増田セバスチャンさんの“Kawaii”手帳

アートディレクターで、アーティストの増田セバスチャンさんと作った手帳がオリジナル、カズン、weeksに登場する。オリジナルとカズンの「THANK YOU ALL」は増田さんが「This is my LIFE.』をテーマに制作した作品で、かわいいおうちやドーナッツ、目玉焼き、ハサミ、自転車、ぬいぐるみ、恐竜のほか、「アリガトウ」を意味する10匹のアリもいる。weeksは増田さんの「Day Dream」という作品を使った、女の子の夢を詰め込んだ甘い雰囲気の手帳。表と裏の柄が鏡像(シンメトリー)になっていて、持つ人を別世界に連れていってくれるかのようだ。日本独自の“Kawaii”手帳は、海外の友人へのプレゼントにもなりそうだ。

ほぼ日手帳

◆Snow Peakの機能的な手帳カバー

アウトドアブランド「Snow Peak」と作った手帳カバー。文房具や身の回りのものも、ひとまとめにできる。カバー内部は3つの面に分かれていて、収納スペースもたっぶり。「左インナー」には、太さの異なる5つのペン差し、鍵などを留めておけるキーループ、少し大きめのポケット。「中央見開き」には手帳本体が入るほか、カードポケット、しおりバンドやペン差し。「右インナー」には、2つのメッシュポケットがあり、立体的なものも収納しやすくなっている。防水にすぐれたポリエステル生地で、針と糸で縫い合わせない溶着をしているので、アウトドアのシーンでも雨や水満から中身を守ってくれる。

ほぼ日手帳

◆特殊なファブリックのカバーも登場!

「ほぼ日手帳2017」には、特殊なファブリックを使った手帳カバーも登場する。「POTTENBURN TOHKII」と一緒に作ったジッパーズカバー「KASANARI」。複雑な図柄が織り込まれているメッシュ生地で、さらっとした肌触りの良さもポイント。もうひとつは「TRICOTE」と一緒に作ったニット生地のカバー「Knitup!」。こちらのカバーはポケットやペンフックも含めて一枚の布地で構成されていて、手帳にカーディガンを着せるように装着する。どちらも、見た目のかわいさとあわせて、ファブリック自体のおもしろさを感じてほしい。

ほぼ日手帳

◆「ほぼ日』の読みものから生まれたコラボレーション

「ほぼ日刊イトイ新聞」のコンテンツをきっかけに、コラボレーションが実現したカバーも登場する。オリジナルの「シロクマ」は、版画家・望月計男(かずお)さんの手による銅版画で、作品集の表紙にもなった代表作。流れるような毛並みの線や、白、青、グレーなど淡い色の重なり。繊細なタッチがそのまま光沢ある生地の上に再現されている。

そして、画家のjunaida(ジュナイダ)さんの描く作品を手帳にしたのが、オリジナル「LAPIS」、weeks「ENDLESS」。「LAPIS」は、物言わぬ鉱石と、その中から湧き出てくる静かな躍動感をイメージした作品で、「ENDLESS」は、布の持つ果てしなさをモチーフに描かれた作品。なお、「ENDLESS」は2017年に発表予定の最新作。

ほぼ日手帳

◆上質な素材×新しい形状のカバー

上質な素材を使った新しいカバーは、形状も独特。オリジナル用の「TRAVEL」は、アートディレクターでグラフィックデザイナーの平林奈緒美さんと作った革のカバー。イタリアの上質なピッグスキンを使い、海外のトラベルウォレットにヒントを得た。ジッパータイプの「WALLETDIARY」は、ファッションブランド「niuhans(ニュアンス)」とのコラボレーションによる手帳カバー。綿とウールを掛けあわせたインディゴブルーの生地は、肌触りがいい高級感のある生地で、経年変化もたのしめる。中身の仕様は独自のもので、7つの切り込み型のカードポケットのほか、キーポケット、コインケース、ICカードポケットなど手帳や小物をまとめて持ち歩きたい人におすすめ。

ほぼ日手帳

◆「ΜΟΤΗΕR2」、3種類を冒険のおともに

2016年版でも大人気だったゲーム『MOTHER2』をモチーフにした手帳は、2017年版でも3種類が登場。ゲームの中で主人公たちが訪れるたくさんの場所を、パッチワークのように組み合わせた「MEMORIES」。発売当時のスーパーファミコン版のパッケージをずらりと並べたデザインの「1994」。ネクタイ生地のきれいなブルーパープルの表紙に、主人公の「ぼく」が並んだweeksの「ぼく(ネス)」。なつかしくって、眺めているとわくわくする手帳だ。また、『MOTHER2』シリーズを購入した人には、特典として「おおきなどせいさんステッカー」がついてくる。

ほぼ日手帳

◆「minä perhonen」、「CACUMA」は今年も登場

特に女性からの支持が強いブランド、「minä perhonen」、「CACUMA」もあらたなラインナップで登場する。ことしの「minä perhonen」は、「minäがはじまったころからある、大切な柄」と、皆川さんが特にだいじにしている2つのテキスタイル。その1つが、2000年に発表されて以来、洋服やバッグなどさまざまなアイテムに使われてきた「bird」。もう1つが、同じく2000年に発表され、手帳カバーとしても過去に2度登場した「tambourine」。このほか、抽選販売の「piece,」が4種類あるなど、例年に比べてラインナップが充実している。そして、キギの渡遷良重さんがデザインを手がける上質な日常着のブランド「CACUMA」からも、2017年版のカバーが登場する。2016年版につづき、花をモチーフにした刺練カバーで、ローズ、チューリップ、パンジーにタンポポが一筆書きのチェーンステッチで大きく描かれている。「CACUMA」ならではの繊細さがありながらも、ちよっびり大胆な印象の、潔いデザイン。

ほぼ日手帳

製品情報

http://www.1101.com/store/techo/index.html

文/編集部