運動にも種類があります

写真拡大

あまり知られていませんが、運動の中には、高いアンチエイジング効果が期待できるものと、逆に老化をまねく恐れがあるものとがあります。そのことを理解して運動をしなければ、いくら頑張っても逆効果かもしれません。

そこで、今回はアンチエイジング効果の高い運動と逆に老化をまねく運動についてご紹介したいと思います。

ゆっくり途切れることなく行うのがコツ

運動に高いアンチエイジング効果を求めるなら、若返りのホルモンと呼ばれる成長ホルモンの分泌を促す必要があります。そのためには、ゆっくりと途切れることなく行う運動が最も効果的だといわれています。それらの運動は「スローリフト」「スロートレーニング」などと呼ばれ、成長モルモンの分泌を促す効果が高いことで注目されています。

ヨガや太極拳、スクワットなどの筋トレ、ウォーキングなどがそれにあたります。そして、それらの運動を継続して行うことこそが更なる成長ホルモンの分泌に繋がるともいわれているのです。

ヨガや太極拳を行うと、深い呼吸が身に付きます。現代人はスマホやPCの使用などで猫背になりがちです。猫背になると当然呼吸も浅くなり、酸素をしっかりと体内に届けることができなくなります。そうすると、身体や肌の不調を引き起こしたり、老化を加速させたりする原因にもなります。"深い呼吸"を身につけるって意外と大事なんですよ。

ヨガや太極拳を行う以外にも、それらで身につけた呼吸法を応用させることができます。眠る前のリラックスタイムに目を閉じて瞑想しながら深呼吸を行いましょう。体内のミトコンドリアが活性化させ、自律神経のバランスも整います。また、若返りのホルモン、幸福のホルモンとも呼ばれるセロトニンを増やす効果も期待できますよ。リラックス効果による安眠効果も期待できるためぜひお試しを。

反対に老化につながる運動は?

「毎日忙しいし...」という人は、日常生活の中でうまく工夫すればOK! 例えば、通勤の際にエレベーターやエスカレーターではなく階段を使う、ひと駅歩いてから電車に乗る、眠る前に10分のストレッチを行うといった方法を試してみてください。どれか1つでも毎日続けられれば効果は目に見えて違ってきますよ。そして、時間のある週末などにヨガや太極拳、ジムに通って汗を流してみて。

運動は身体によい影響をもたらすと一般的に考えられてはいるものの、注意したい運動があるのも事実。身体に過剰なストレスをもたらすようなハードな運動は、老化の大きな要因である活性酸素を大量に発生させることに繋がります。身体を酷使するようなハードなジョギングなどは避けることをおすすめします。

適度な運動は、ダイエットにも効果があります。しなやかな筋肉を身につけながら、美しい肌と身体をキープしてはいかがでしょうか。