[8.19 バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント U-17日本 7-0 U-18UAE]

 チェコで開催されている第23回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメントに参戦しているU-17日本代表は19日、第3戦でU-18UAE代表と対戦し、7-0で大勝した。2勝1敗でA組2位となった日本は、20日にB組2位との3位決定戦に臨む。

 初戦のウクライナ戦を0-1で落とすも、第2戦のチェコ戦で3-2の勝利を収めた日本。立ち上がりからテンポよくパスを回し、相手ゴールに迫った。

 前半4分に主将DF田中陸の右クロスをFW田川亨介がヘッドで押し込んで先制すると、これでスイッチが入った日本は同7分に今度は左サイドを崩し、最後はMF酒井将輝が追加点を奪取。酒井は同11分にもネットを揺らし、序盤に一気に3点差とした。

 畳み掛ける日本は前半24分に田川のこの日2点目をマーク。同40分にはFW加藤拓巳がミドルを決め、5-0で前半を折り返した。

 後半も勢いは衰えず、後半6分にMF椿直起、同25分に田川が加点。田川のハットトリックもあり、日本が7-0の大勝を飾った。

 日本サッカー協会(JFA)の公式サイトを通じて山口素弘監督は「グループリーグ最終戦、勝利はもちろんのこと、積極的に点を取りにいこうと試合に入りました。狙い通りに前半から5点を取ることができ、結果的に大差での勝利に満足しています。しかしながら、グループ2位の結果は悔しいです」とコメントした。

 以下、出場メンバー

■スターティングメンバー

GK:猿田遥己

DF:田中陸、中川創、宮本駿晃、西山大雅

MF:椿直起、井澤春輝、藤本寛也、酒井将輝

FW:加藤拓己、田川亨介

■サブメンバー

GK:沖悠哉

DF:岡庭愁人、杉山弾斗、青山夕祐、山田洸太

MF:堀研太、中島元彦

FW:中村駿太

■交代

32分:宮本駿晃→杉山弾斗

HT:藤本寛也→山田洸太

56分:加藤拓己→堀研太

64分:堀研太→中島元彦