プラモデルじゃないの?LEGOでつくった「ガンダム」のクオリティが凄すぎる

写真拡大

レゴで作られたリアルな「ガンダム」のクオリティが凄いと、Twitterで話題になっています。

レゴ製「ガンダム」

この画像を投稿しているのは、JAN(@Jan_utyo)さん。

これはJANさんが、レゴのパーツを組み合わせて製作した「ガンダム」です。

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

レゴのパーツだけとはいえ、腕の関節も動き、ビームライフルを構えることができます。

あまりの緻密さに、レゴのパーツで作られたとは思えません。

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

しかし、レゴには1000種類を超えるパーツがあるため、このような「ガンダム」を表現できるそうです。

また、全体の構想を頭の中でイメージし、設計なしでレゴのパーツを組み合わせたとのこと。

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

あとは出来ばえを確認しながら、修正を繰り返して仕上げていったそうです。

ツイートには「レゴにみえないかっこよさ…」、「ため息がでる迫力ですね」、「いやはや凄すぎです」といったコメントも。

レゴで作られた「ガンダム」のクオリティが凄いと反響を呼び、ツイートも11,000回以上リツイートされていました。

切り貼り、削りも一切なし!

JANさんによると「レゴブロックは他のブロック玩具に比べて結合力が強く、また組み方次第で頑丈に作れるので接着剤は一切使いません」とのこと。

そのため、レゴのパーツを切り貼りしたり、削ることもしていないんだとか。

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

さらに「このような大型作品になると“いかに崩れないよう丈夫に、見た目も損なわずに組めるか”が腕の見せどころでもありますね」とのこと。

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

なお、製作期間は1カ月半ほどで、1日平均2時間くらい作業をしていたそうです。

Twitter/@Jan_utyo

Twitter/@Jan_utyo

クオリティの高さに驚いちゃいますね!

レゴやプラモデルに興味がある方は、ぜひJANさんのTwitterアカウントをチェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事のツイートと画像はJAN(@Jan_utyo)さんの許可を得て掲載しています。