プロが指南!はっきり顔でも「やりすぎに見えない」アイシャドーの色&塗り方

写真拡大 (全3枚)

パッチリ二重なのはいいけれど、もともと顔立ちがはっきりしているからどうしても派手でキツイ印象を与えてしまう……。

実は、一重まぶたさんよりも二重まぶたさんの方がアイメイクに対して消極的になりがち。

たしかに、せっかくのアイメイクも“派手でケバい”印象を与えてしまっては、女性らしさがなくなってしまいますよね。

そこで今回は「はっきりした顔を優しく見せたい方」に、”やりすぎに見えないアイシャドーの色&塗り方のコツ”をご紹介しましょう。

■ニュアンスカラーをアイシャドーに取り入れる

IMG_4498-20160818125735-e1471612439636

ブラウン、ブルー、ピンクなどグラデーションを付けてアイメイクすると、ハッと目を引く魅力的な目元になりますよね。

これらのアイシャドーは定番カラーでもありますが、色の主張が強すぎて“はっきりした顔”の人が付けるとさらに強い印象に。

正解は、“ニュアンスカラー”のみでメイクアップを仕上げること。

ニュアンスカラーとは、いわゆる“影”になったような色。ライトグレー、ブラウンベージュ、オレンジブラウン……など、スキンカラーに影を足していったようなカラーを使いましょう。ポイントは必ず質感がマットなものを選ぶことです。

お顔に影を足してわざと自分のお顔をぼかすようにすることで、“柔らかさ”を表現することができるのですね。

■アイメイクは骨格陰影&マスカラのみ

アイメイクは薄いニュアンスグレーでアイホールの影や下まぶたのラインのみ、と骨格のみを強調したら、後はマスカラのみ。

あえてラインを引かないことがより”ふんわり”感を出すポイントです。

■チークも赤みを足さずに「くびれ」を意識

ad09d459800df68b740a787697a96b49-20160818124822-e1471612460373

健康的な血色のある頬もいいのですが、実はそれも“生命力”のような強い印象を与えてしまうことも。

あえて血色を足さずに、ブラウンベージュで頬骨の陰影のみ強調してナチュラルに仕上げましょう。

この時チークを入れる箇所は、普段使いのピンクやオレンジを入れる頬骨の張っている部分ではなく、「お」という口元を作ったときに出るくびれの凹んでいるところに斜めに入れましょう。

■眉はわざとぼかして描く

しっかりアウトラインをとって眉を描いてしまうと、よりはっきりしたお顔に見えがち。

あえてぼかして描くことで“柔らかさ”を強調します。もともとの毛色を消すようなオレンジブラウンシャドーでふんわりとブラシで色を乗せましょう。

■リップは内側のみ赤みを足して自然な血色を

口元にのみ赤みを足して顔色をよく見せたいのですが、ここでも大切なポイントは“ぼかす”こと。

リップブラシを使わずにあえて指先を使って叩き込むようになじませることで、自然な血色を出すことが出来ます。

いかがでしたか? はっきりした強さのあるお顔も魅力的ですが、たまには“アンニュイ”に見えるような影のある女性を演出してみても楽しいもの。

ぜひ、ニュアンスカラーで新しい自分の魅力を発見してみてください。

【筆者略歴】

古賀真知子 ・・・ メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら、美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」。

【画像】

※ Serg Zastavkin / shutterstock