マンダムは、20歳〜59歳の既婚女性を対象に、夫へのケア意識に関する意識調査を実施した。女性の社会進出の増加や情報化社会が進む中、夫婦のかたちは多種多様になっている。本調査は、「ダンナケア(夫の食事や身だしなみケア)」の視点から、イマドキ妻のタイプを4つに分類。それぞれのタイプの実態が浮き彫りになった。

夫へのケア意識に関する意識調査

■イマドキ妻4タイプの実態
1.4タイプのイマドキ妻の生態が明らかに!夫のケアなんて面倒。気になるのは自分だけ・・・「放任妻」が最多!

夫の「食事」「ファッション」「髪型・ヘアスタイル」「スキンケア」「ニオイケア」に対して、気にかけたり実際に行動や対策をしたりしているかの回答をポイント化し、平均点を中心に分けたのがヨコ軸。夫の「食事」「ファッション」「髪型・ヘアスタイル」「スキンケア」「ニオイケア」に対して、気にかけている理由が「夫のため」という回答をポイント化し、平均点を中心に分けたのがタテ軸。この2つを掛け合わせて4タイプを抽出。調査結果より、イマドキ妻たちを夫婦修復カウンセラーの鈴木あけみ先生に下記の4つに分類してもらった。

<イマドキ妻4タイプ>
A「セルフマネジメント妻」…自分のことは自分でやるのが夫婦間のルール。夫の価値観を尊重し、無駄な干渉はお互いしない。
B「放任妻」…平日も休日も会話は最少限。夫のケアより自分のことで精一杯。
C「プロ妻」…平成の良妻賢母。夫を幸せにするために夫のケアは欠かさない。お互い何でも言い合える夫婦仲。
D「良妻“風”妻」…自分好みの夫にしたい。出来る妻と見られたい。夫のケアは良妻に見られるためのアピール手段。

イマドキ妻を4つのタイプに分類した結果、「放任妻(41.7%)」が最も多く、「プロ妻(31.3%)」、「良妻“風”妻(21.0%)」、「セルフマネジメント妻(6.0%)」という結果となった。女性の社会進出による共働き夫婦の増加や夫婦間の関係性の変化など、現代社会を象徴するようなイマドキ妻の実態が明らかになった。

夫へのケア意識に関する意識調査

2.「ダンナケア」が世帯年収にも影響?!「プロ妻」と「放任妻」の平均世帯年収の差は約140万円!

イマドキ妻の4タイプ別に平均世帯年収を比べたところ、妻の夫に対する「ダンナケア」と、世帯年収の関係性が明らかになった。「ダンナケア」意識の高い「プロ妻」の 平均世帯年収は791.7万円と4タイプで最も高く、「ダンナケア」意識の低い「放任妻」は650.6万円と最も低い結果となり、その差は約140万円にも及ぶことが判明した。

夫へのケア意識に関する意識調査

3.「ダンナケア」を実施する妻の66.7%が、20・30代の奥様!

夫の「食事」「ファッション」「髪型・ヘアスタイル」「スキンケア」「ニオイケア」の5項目すべてに対して、「気にかけており、実際に対策や行動をしている」と回答した、「ダンナケア」度の非常に高い妻の年代比率は、20代(32.1%)、30代(34.6%)、40代(21.8%)、50代(11.5%)と、「20代、30代」と「40代、50代」で大きく差が出る結果となった。年齢を重ねるごとに夫への関心が少なくなるのか、または、夫に対する関与意識や関係性が世代間で異なるのか、40歳を境に「ダンナケア」度に差があることが明らかとなった。

夫へのケア意識に関する意識調査

4.「ダンナケア」意識が高いとコミュニケーションも多く夫婦円満?!お小遣いの交渉も通りやすい?!

4タイプのイマドキ妻で夫との会話が多いのは、「プロ妻(平日3.8時間/休日5.2時間)」という結果となった。逆に、会話が少ないのは、「放任妻(平日3.2時間/休日4.1時間)」となり、「ダンナケア」意識が高い方がコミュニケーションも多く、良好な夫婦関係が浮き彫りとなった。また、夫のお小遣いについて、1番多いのは「プロ妻(3万6067円)」となっており、また夫からお小遣い交渉をされたことがある人のうち、「夫の要望に応じた事がない」と回答したのも、「プロ妻」が9.4%と他のタイプと比較して、最も少ない結果となった。この結果から、夫婦間コミュニケーションの多い「プロ妻」は、夫のお小遣いについても、必要に応じて、要望に応じている様子がうかがえる。

夫へのケア意識に関する意識調査 夫へのケア意識に関する意識調査

■夫を支える「プロ妻」の実態
5.「プロ妻」の59.1%がニオイケアを実施!「放任妻」との差は7倍以上

「プロ妻」の「ダンナケア」意識は高く、実際に対策や行動をしているケアについて聞いたところ、最も多いのが「食事(79.0%)」となり、「ファッション(60.9%)」、「ニオイケア(59.1%)」と続き、この3つが、「プロ妻の3大ケア」である事が分かった。

夫へのケア意識に関する意識調査

なかでも「プロ妻」は、特に「ニオイケア」を実施している割合が、他3タイプと比較し最も高く、「プロ妻 (59.1%)」「セルフマネジメント妻(25.9%)」「放任妻(7.7%)」「良妻“風”妻(37.7%)」となっており、「プロ妻」と「放任妻」の差は7倍以上に開く結果となった。

夫へのケア意識に関する意識調査

6.できる妻「プロ妻」のニオイケアは、「こっそり」ではなく、夫にも直接働きかけて、「一緒に」ケア

「プロ妻」が実際に行なっている夫のニオイケアの具体的な対策として、消臭効果のある洗剤の使用が最も多く(77.1%)、さらに一歩踏み込んで、デオドラント商品(39.8%)、ニオイケア専用のシャンプー/ボディシャンプー(37.3%)を夫に使わせて対策を行っている人が共に約4割と、夫への直接的な関与が高く、影で「こっそり」と対策をするのではなく、夫にも働きかけて、ニオイケアに取り組んでいる傾向が判明。また4人に1人以上が、ニオイケア商品を一緒に選んだり買いに行ったり(27.1%)しており、夫婦仲の良さが浮き彫りとなる結果に。

夫へのケア意識に関する意識調査

【調査概要】
調査方法:インターネットリサーチ
調査時期:2016年6月実施
調査対象:20歳〜59歳の既婚女性897名

文/編集部