脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。累計38万部突破のシリーズ『0歳からみるみる賢くなる55の心得』『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。 【脳研工房HP】www.umanma.co.jp/

ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』や、『0歳からみるみる賢くなる55の心得』などが大人気の「脳科学の権威」久保田競氏と「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏。これまで、長らく、育脳教育の最重要指針に「早期からの算数力アップ」を掲げてきた。
そして、84歳になったばかりの注目書籍『小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣――お風呂で唱えるだけで算数力がアップ!「お経式暗算法」ミラクルシート付き』が発売たちまち大反響!アマゾン第1位(「教育・学参・受験」&「子育て」ジャンル)となった。
オビには「2歳でも小1の算数がとける!」という衝撃的なコピーがあり、最新脳科学に基づく「お経式暗算法」を取り入れた、世界初!?のメソッドで、お湯につけるとピタッとつく「お風呂に貼れるミラクルシート付き」だという。
今回は、カヨ子ばあちゃんに育児の心得をガツンと説いてもらおう。

ある幼稚園での育児相談

 ある幼稚園での育児相談のとき、部屋の外から泣き声が聞こえました。

 あまりによく泣き、声にどこか異常があるように思えたので、順番を早めて面談することになりました。

 お母さんは、赤ちゃんの機嫌をとりながら、ベッドに横たわらせようとしました。

 そのとき、赤ちゃんが一段と大きな声で泣きだしました。

「朝は機嫌がよかったのですが……」と、お母さんはオロオロするばかり。子どもを揺らすともっと強く泣きます。

「お母さん、身体に触れないで、声だけであやしてください」
 
 と言って、私は指先でその子の足をつつきました。

 そのリズムを感じて、赤ちゃんは少し機嫌がよくなったのですが、「ご機嫌、直ったのね」とお母さんが肩に手をかけるや否や「ギャッ」と悲鳴を上げました。

 かわいそうに、その子の肩は脱臼していたのです。

 かわいい、おしゃま(大人びたさま)な服を着せるときに過重な力がかかり、脱臼しかかった状態でお出かけして、その後気づかないまま抱き上げたり、オムツ替えをしたりして、脱臼の程度は大きくなっていたのでした。

 幸いうまく収めることができて泣きやみましたが、「整形外科医に診てもらいなさい」と忠告しました。

 目の当たりにしたこの状況に驚いて、急遽、赤ちゃんの身体についての座談会に変え、医師との関わり方などを真剣に話し合いました。

 今回は早く見つけて、事なきを得ましたが、このときそのお母さんに、

「ミルク飲み人形と違うのよ。腕は180度回らないわよ」
 
 と言ったら、間髪を入れず、

「上海技芸団には、入れないわね」
 
 と言いました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)