軽井沢より「蓼科」!人生で一度は食べたい感動グルメ4選

写真拡大

 涼しい大自然で、キレイになろう。

 暑い夏、涼を求める夏旅として人気なのが、「軽井沢」。ところが実際に行って、蒸し暑かった、観光客がごった返してて疲れた、と感じたことはありませんか? そんな人にオススメなのが、同じ長野県にある「蓼科」。

 軽井沢とともに、高級別荘がひっそり立ち並ぶ有名避暑地ですが、(1)蒸し暑さナシの涼しい気候(2)美しい大自然(3)初心者OKなアウトドアが大充実(4)観光地化され過ぎていない、の4点は大きな魅力。

 そこで今回は、「蓼科」のおいしいごはん第一弾、「美しくなる蓼科グルメ4選」をご紹介します。

◆1)天空で美容果実「コケモモ」を楽しむ

●北八ヶ岳ロープウェイ

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=570942

 山登りに自信がなくてもOK。絶景を楽しみながら、美容スイーツが楽しめるのがココ。ピラタススキー場に隣接した山麓駅(1771メートル)からロープウェイに乗れば、あっという間に天空の世界(2237メートル)へ到着します。

 本格登山はさておき、スニーカーでも歩ける「坪庭」を一周(30分)して、名物の「こけももクリームチーズ大福」を楽しみましょう。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=570928

「こけもも」とは、ツツジ科の高山植物で、鮮やかな赤い実には、美肌・アンチエイジングをサポートする栄養成分がぎっしり。この果実を使った大福、個人的には進化系大福の中でナンバーワンのおいしさ。他にはドライこけもも、こけももクッキーなどが売られているので、お土産もバッチリです。

 ほどよくカラダを動かしながら、他ではなかなか食べられない美容スイーツをご堪能あれ。

【北八ヶ岳ロープウェイ】
http://www.kitayatu.jp/
長野県茅野市北山4035-2541
TEL:0266-67-2009

◆2)5つ星級リゾートホテルのプレミアム温泉&ランチ

●テラス蓼科

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=570943

 蓼科の中で最もラグジュアリーなホテルと言えば絶対にココ。元々は、トヨタグループ社員専用のクローズドな宿泊施設でしたが、近年は一般向けにも開放。

 見事なまでに雄大かつ品格あふれる空間設計、海外高級リゾートでもこのレベルの施設はなかなかお目にかかれません。8月はリーズナブルな豪華ランチが1900円。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=570944

 ステーキ丼やハンバーグなどのメインをチョイス、サラダ・ドリンクバイキングが楽しめます。食事をすると温泉が半額(800円)になるので、セットが断然オススメ。贅沢お風呂とランチバイキングで、心と肌をゆっくり癒やしましょう。

【テラス蓼科】
http://www.terrace-tateshina.com/
長野県茅野市北山4035-949
TEL:0266-67-0100

◆3)おいしすぎ! 採れたて高原野菜の産直市場

●たてしな自由農園

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=570945

 ビーナスライン沿いに広々と店を構える「たてしな自由農園」。その自由農園が、今年に入り、さらにパワーアップ。新店舗としてリニューアルオープンしました。

 野菜・果物をメインに、ハム・ソーセージ、乳製品、地元の銘菓まで豊富にそろいますが、信州産野菜の鮮度と味、そしてリーズナブルな値段に驚かされます。また、必食なのが、新設されたカフェ「808Cafe」で食べられる大盛りサラダボウル。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=570926

 今回食べたのは、やわらか蒸し鶏のサラダ(左)と八百屋のサラダ(奥)。「野菜ってこんなに美味しかったのかあ!」と絶叫してしまうほど、キュウリやレタスは別格級の味。普段なかなか食べられない濃厚野菜で野菜欲も大満足。美意識も確実に高まります。