北海道の翼AIR DOは、7月29日(金)より「北海道の四季」をコンセプトとした新たな特別塗装機『ベア・ドゥ北海道JET』(ボーイング767-300型機)での運航を開始。現在、羽田発札幌・旭川・函館・女満別・帯広の各路線に就航している。

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!
7月29日から運航を開始したAIRDO特別塗装機『ベア・ドゥ北海道JET』

『ベア・ドゥ北海道JET』は、北海道の四季をモチーフにしたデザインとなっている。草花がいっせいに芽を出し新緑に溢れる「春」、心地よい爽やかな風が大草原に吹く「夏」、収穫と紅葉の中で動物たちが冬支度を始める「秋」。そして、一面白銀の世界に変わり幻想的な雪景色の「冬」をイメージ。札幌の時計台や富良野のラベンダー畑、十勝の平原、函館のハリストス正教会など就航地の自然や名所が機体いっぱいに描かれている飛行機で羽田空港や新千歳空港の展望デッキからでも目立つ機体である。この特別塗装機はどのようにして塗られているのだろうか。

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で! 飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!
北海道の四季が機体全体に描かれている(伊丹空港にて撮影)

今回の特別塗装機『ベア・ドゥ北海道JET』の塗装は、伊丹空港に隣接するANAグループの「MRO Japan」の格納庫内で作業が行われた。AIRDO機で飛ぶ前には、ANAの国内線の飛行機として使われていた機体で、海外での整備を終え、真っ白な状態の塗装前の飛行機が7月2日に伊丹空港に到着。写真を見ても、どの航空会社で使う飛行機であるのかは全くわからないのだ。展望デッキなどで見ている人にとっては不思議な光景であることは間違いないのだ。

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で! 飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!
7月2日に整備を終えて伊丹空港に真っ白い機体で到着して格納庫へ(提供写真)

格納庫にハンガーインした飛行機の塗装が翌日の7月3日より始まった。まずは、真っ白な機体にマスキングシートを貼り付ける作業から開始。作業員はミリ単位で緑色のマスキングシートを機体に貼り付けていく。飛行機全体が緑色に覆われているのが印象的である。デザイナーによる細かい確認作業を経てマスキングシートを張り終えたのであった。

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で! 飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で! 飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!
マスキングシートの貼り付け作業(提供写真)

マスキングシートを貼り終えた後、いよいよ機体塗装が始まった。時計台の屋根部分は赤で塗られ、十勝の平原は緑に塗られた。また尾翼にはAIRDOの人気癒やしキャラクターである「ベア・ドゥ」が描かれているが、尾翼の塗装も同時並行で行われた。「ベア・ドゥ」自身も気になったのか、塗装作業を伊丹空港まで見学に来てしまったのだ。

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で! 飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で! 飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!
カラフルな色の塗装作業光景(提供写真)

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!
塗装作業を見学するベア・ドゥ(提供写真)

約10日間かけて作業が行われた塗装が完成。7月12日の午後3時、格納庫から地上に運び出すロールアウトの時を迎えた。格納庫の重い扉が開かれ、塗装を終えたばかりの特別塗装機『ベア・ドゥ北海道JET』は、再び伊丹空港にやってきた「ベア・ドゥ」がマーシャラー役となり、牽引車に引っ張られてメディア関係者にお披露目された。実際の飛行機を見ると、北海道の大自然を大きなスケールで描かれた機体は北海道の航空会社らしさを感じたのであった。色が豊富に使われているのも特別塗装機の魅力である。

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で! 飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で! 飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!
「ベア・ドゥ」が先導し伊丹空港でお披露目された

残念ながら事前に『ベア・ドゥ北海道JET』の運航スケジュールはわからないので、偶然当たったらラッキーということになるが、AIR DOが保有するボーイング767型機は10月初旬までは5機体制、以降は4機体制(それ以外にボーイング737型機を保有している)。時刻表やホームページの空席照会画面からボーイング767-300型機で飛んでいる飛行機でないと『ベア・ドゥ北海道JET』の可能性はない。ホームページ上では機種名が763というのがボーイング767型機であり、9月1日で検索してみると羽田〜札幌線では11往復中7往復がボーイング767型機での運航になっている。5分の1の確率にかけてみるのもいいだろう。ただし、急な機材変更もあるので当日の運次第になる。ただ『ベア・ドゥ北海道JET』の全便が羽田発着便になることから、整備などで運用から外れない限りはかなりの確率で羽田空港第2ターミナルの展望デッキから見ることができるのは間違いない。お休みの日に『ベア・ドゥ北海道JET』をチェックしに羽田空港へお出かけしてみるのも楽しいだろう。

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で! 飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!

飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で! 飛行機の塗装どうやるか知ってる?北海道に行くならAIR DO特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」で!
『ベア・ドゥ北海道JET』の就航当日には、千歳市内にあるメリー幼稚園(客室乗務員出身の幼稚園)の園児が飛行機のお絵かきをしながら、ベア・ドゥが描かれた特製ドーナツを食べるイベントが行われ、AIRDOの客室乗務員やベア・ドゥと楽しい時間を過ごした。

文/編集部