《Portrat (P. Stadtbaumer)》1988年C-print,210×165cm (C)Thomas Ruff VG Bild-Kunst, Bonn 2016

写真拡大

展覧会「トーマス・ルフ展」が2016年8月30日から東京国立近代美術館で開催される。11月13日まで。

ドイツのデュッセルドルフ芸術アカデミーでベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ「ベッヒャー派」として,1990年代以降,現代の写真表現をリードしてきた写真家のトーマス・ルフの初期から初公開の最新作までを紹介する展覧会。作品選択や展示構成にルフ自身が参加するなど、作家の全面的な協力を得て実現する。

 

初期作品である「Interiors」や評価を高めた「Portraits」、少年時代からの宇宙への関心を背景とする「cassini」や「ma.r.s.」、インターネット時代の視覚・情報空間を問う「nudes」や「jpeg」など,全18シリーズ,東京会場約125点,金沢会場約160点の作品で構成されている。

 

ある新聞社のプレス写真アーカイヴを入手したことから着想された「press++」は、かつてのメディア空間で使用されていた紙焼写真とそれにともなう文字情報を素材に生まれた最新作。また、読売新聞社から提供されたプレス写真を素材とした世界初公開となる作品も発表される。

 

開館時間は、10時〜17時(金曜日は20時まで)。

 

月曜休館。ただし9月19日、10月10日は開館し、9月20日、10月11日は休館。

 

観覧料は、一般1600円(前売1400円)、大学1200円(同1000円)、高校800円(同600円)、中学生以下無料。

 

なお、12月10日から17年3月12日まで金沢21世紀美術館でも同展が開催される。