19日、韓国で緊急出動中の救急車に車をぶつけ、消防隊員に暴言を吐いた50代の男が警察に逮捕された。この報道に、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は韓国の救急車。

写真拡大

2016年8月19日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で同日、緊急出動中の救急車に車をぶつけ、消防隊員に暴言を吐いた50代の男が警察に逮捕された。

全州完山消防署によると、男は8日午後9時30分ごろ、全羅北道全州市の道路で、緊急出動中の救急車の前で数回にわたりブレーキをかけて進行を妨害した後、車から降りて消防隊員に暴言を吐いた疑い。男はまた、自身の車をバックさせて救急車にぶつけ、逃走した疑いも持たれている。

警察の調査の結果、事件当時、男は泥酔状態で、「道を開けてほしいという救急車の案内放送が気に入らなかった」との理由でこのような行動に出たという。

完山消防署関係者は「救急車の進行を妨げたり、救急隊員の業務を妨害する行為は人の命と直結する」とし、「いくら酒に酔っていたとしても、このような行為は慎んでほしい」と訴えた。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「殺人未遂罪で厳しく処罰して」
「やっぱりここはヘル朝鮮(地獄の韓国)」

「まずは、『酒に酔っていて記憶がない』と言えば減刑してもらえるという韓国のおかしな制度を変えるべき」
「韓国の救急隊員は優し過ぎるのでは?外国だったら、男の手足を縛って救急車に乗せていただろう」

「救急車でひいて一緒に搬送すればよかったのに!」
「韓国は救急車がサイレンを鳴らしても、道を譲らない車が多い。他人事だと考えず、救助に協力してほしい」
「大統領が毎年、特別赦免を実施するせいだ…」(翻訳・編集/堂本)