前半でスコアを一つ伸ばした野村敏京(撮影:福田文平)

写真拡大

<リオデジャネイロ五輪ゴルフ女子 3日目◇19日◇オリンピックゴルフコース(6,245ヤード・パー71)>
 現地時間10時14分(日本時間22時14分)にティオフした野村敏京がハーフターン。スコアを一つ伸ばして後半に入った。
日本代表・野村と大山の活躍をフォトギャラリーでチェック!
 野村は1番パー5でバーディを奪いながら2番パー4でボギー、6番パー3でバーディも7番パー4でボギーともったいない流れだったが、8番パー3でバーディ。結局、前半は3バーディ、2ボギーという内容だった。
 前半を3ボギーと苦しい戦いになったもう一人の日本勢・大山志保だが、13番まで終了。11番パー4で初バーディを奪ったが、13番パー4をダブルボギーとしてしまった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【申ジエのリオ展望】
日本でおなじみテレサ・ルーもメダル争い 選手村ではバッバに遭遇
Get to Know この選手を知っておこう!見逃したくない美人プレーヤー編
ゴルフ初心者でもわかる!メダル候補はこんなヒト 野村敏京編