リオデジャネイロ五輪では、通算金メダル数を23個に伸ばした米国のマイケル・フェルプス選手が「あざ」のある状態でレースに出場し、中国伝統のカッピング療法が注目されるようになった。それ以外にもカラフルなテーピングもにわかに注目の的となっている。

写真拡大

リオデジャネイロ五輪では、通算金メダル数を23個に伸ばした米国のマイケル・フェルプス選手が「あざ」のある状態でレースに出場し、中国伝統のカッピング療法が世界中で注目されるようになった。それ以外にも今回の五輪ではカラフルなテーピングもにわかに注目の的となっている。卓球女子の試合では、福原愛がスネに目立つテーピングをしていた。テーピングもカッピング療法と同じく、選手に怪我があっても「究極のパワー」を発揮できるようサポートしてくれるのだろうか?南方日報が伝えた。

広東省第二人民病院リハビリテーション医学科の姜迎萍科長によると、選手らがしているカラフルなテーピングの正式名称は「キネシオ」というそうだ。日本の加瀬建造博士が1970年代にキネシオを考案・開発した。筋肉のサポート・リラックス、関節の動きの改善、血液循環の促進、リンパ浮腫の改善などの効果がある。プロのアスリートが使用すると、筋肉や関節の痛みをやわらげることができ、試合で好成績を収めるためのサポートとなるという。

キネシオテープには薬物が一切含まれていないため、一般的にアレルギー反応が起きる確率が非常に低く、多くの人々が使用可能なテープなのだという。また、一定程度の弾力性もあり、防水性、通気性も備えているため、貼っていても競技や動きに影響を与えることはないという。(提供/人民網日本語版・編集/KN)