20代女子全盛期が終わりをむかえると、チャームポイントだった「天然カワイイ」が「無知」「常識がない」という単なるレッテルに突然変異してしまいます。アラサーでも輝いているためにはまず「カワイさ」をぬぎ捨てることが大切です。
今回は「美人アラサーでいるための6つの必須事項」をまとめてみました。

1. 自分のスタイルが確立できている

流行にまどわされずに、自分に似合うスタイルを知っているのが美人アラサーでいるための秘訣。年齢やステータスにこだわらず、自分スタイルを確立しているので、はやりに翻弄されることもなくこなれたセンスが光るファッションが上手です。
ときにはトレンドアイテムをとり入れますが、自分のオシャレスタイルがブレないので他人とも差をつけるのが得意です。美人アラサーでいるためには、自分テイストの確立はマストなのです。

2. 知らないことに恥を感じる

クイズ番組でおかしな回答をして「カワイイ」で片づけられるのは、20代前半のアイドルだけ。アラサー女優やアナウンサーが珍回答をすると「無知」というレッテルを貼られてしまいます。
女性であれば、年を重ねれば重ねるごとにそんな無情の世界を体感するはず。珍言動で「天然ボケ」をウリにするのはもう卒業しましょう。知らないことを恥ずかしいと思えるのが美人アラサーでいるための必須事項です。

3. ときに周囲の期待を裏切れる

マイペースでいることは美人アラサーでいるための大切な要素です。アラサーにもなって、周囲に合わせてばかりで自分の意見を言えないのは残念すぎます。
他人に合わせる協調性も大切ですが、自分の意見をしっかりもつことが自立した大人の女性の姿なのです。なにかを成しとげるためには、ときに周囲の期待を裏切ってしまうほどの勇気も必要です。

4. 基本的にポジティブシンキング

常にポジティブな姿勢を保つのはほぼ不可能ですが、美人アラサーになるためには常にポジティブな姿勢を保とうとする努力が大切です。物事をポジティブにとらえることができれば、自然と人生への満足度も高くなります。
また、ポジティブシンキングを保つことで、「見た目の若さを保つ」「血圧を下げる」「筋肉の緊張を緩和する」「炎症を和らげる」「脳の働きを活性化させる」など、病気のリスクを軽減する効果が報告されています。

5. 自分に自信がある

謙虚であることも魅力のひとつですが、美人アラサーでいるためには自分のなかに秘めた自信を磨くことが大切です。自分に自信がない人は、本来の魅力を自分の内に封じ込めてしまうので、周囲の目にも魅力的に映りません。
美人でなくてもカワイくなくても、自信さえあれば女性はますます美しくなっていく生きもの。自信をつけるのは簡単なことではありませんが、まずは自分自身の魅力を理解することからはじめてみて! 自分ができることや自分の長所を見つめ直すことが、少しずつ自信へとつながっていきます。

6. 若さに執着しない

アラサーともなると誕生日をむかえるのがユウウツになってしまうもの。だからといって若さへの執着はNGです。歳を重ねるごとに美しさを増していくか、老化していくかはアラサー時の心構えが分かれ道。美しいアラサーでいるためには、自分の年齢を前向きに受けとめる姿勢が必要不可欠です。
過度な若さへの執着は、若づくりしたファッションやメイクアップ、下品な言動にあらわれ、チープでみじめな印象を与えてしまいます。