五輪で大活躍!川崎MF大島僚太は、なぜパスでゲームを動かせるのか?

写真拡大

リオデジャネイロ五輪に出場した手倉森誠監督率いる日本代表の挑戦は、グループステージ敗退という結果で終わった。

スコアは、ナイジェリア戦が4-5、コロンビア戦が2-2、スウェーデン戦が1-0。いずれも接戦で3連勝もありえた相手だったが、やはり最初の2試合で7失点を喫してしまっては厳しい。教訓として記憶されるべき大会といえる。

ただ、そうした中でも自らの持ち味を発揮して評価を高めた選手がいる。筆頭はおそらくMFの大島僚太だろう。

大島僚太

今年1月のAFC U-23選手権で評価を落とし、リオ五輪開幕時点では中心選手とはいえない存在だった大島。

ところが、初戦のナイジェリア戦で多くの得点に絡むと、コロンビア戦では途中出場で一気に流れを変えた。そして最終戦となったスウェーデン戦でも、決勝点となった矢島慎也のゴールをアシスト。

6月の時点でヴァヒド・ハリルホジッチ監督率いるA代表にも選出されており、来月から始まるロシアワールドカップ最終予選でも注目を集める存在になりそうだ。

そんな彼の強み、そしてAFC U-23選手権の頃と今では何が変わったのかについて触れてみたい。

大島は2011年に静岡学園高校から川崎フロンターレへ入団。その当時から特に優れていたのは、トラップの技術だ。

身長は168cmと決して高くない大島。しかし、足もと深くにボールを収めることが得意でターンも上手く、一つのトラップで相手を外すことができる。

その中で、風間八宏監督や中村憲剛らの薫陶を受けて成長。今年、日本人で初めて「フロンターレの10番」を背負うほどの選手になった。

では、現在の大島僚太の何が素晴らしいのか?

一つは判断の速さと精度である。

スウェーデン戦のプレー集から彼の特長を見てみよう。

先発で出場し、90分に渡って攻守に躍動。その中でもスウェーデン戦の大島で誰もが思いつくプレーといえば、矢島の決勝弾とともにルーレットから左サイドへ展開した場面だろう。

スタンドからも歓声があがった場面だが、大島の優れている点はルーレットで回った後、パスの直前にしっかり「判断」をしていることだ。

U-23代表、そして川崎でもプレースキックを蹴ることがほとんどないように、大島はキックの精度が特別高いわけではない。それでも味方に良いパスを送ることできるのは、ボールコントロールの技術に加え周囲の状況を細かく見定め、素早くプレーとして実行しているからである。

そして、彼の判断の速さは攻撃にとどまらない。課題の一つであった守備面でも今シーズンは成長。攻守の切り替えが速くなり、寄せの厳しさ、さらにポジショニングも良くなった。

仮にA代表で考えた場合、ポジションを争う上でライバルになりそうな柏木陽介と比べると、攻撃よりもこの守備の部分がアドバンテージとなり得るだろう。それは、普段から4バックの川崎でプレーしている大島に対し、柏木の所属する浦和は3バックだからだ。

リオ五輪における塩谷司の例を挙げるまでもなく、4バックと3バックでは選手の距離感やポジショニング、対応の仕方が異なる(そこにはもちろんそれぞれのチーム、試合での約束事もある)。集まってすぐに試合を行うA代表では、現体制下においても普段から4バックのチームでプレーしている選手が優位に見え、その辺りがハリルホジッチ監督の大島の成長を喜ぶコメントにも表れているといえそうだ。

今季から川崎の10番を背負い、1stステージの優勝争いにも十分貢献してきた大島。ただ、五輪でのプレーはどちらかというと驚きをもって受け止められた。実際、AFC U-23選手権の頃とは存在感が大きく違ったのは間違いない。

五輪代表が半年前よりもボールを繋ぐことを意識したチームだったこともあるが、大島自身にも変化があった。それは本当にここ数カ月のことである。

1stステージで鹿島アントラーズの逆転を許し2位に終わったためか、それともA代表に招集されたためか、きっかけは定かではない。ただ、メンタル面での成長があったことは間違いない。具体的にいえば、プレーに「覚悟」が備わってきた。

大島は技術的に高く評価されていた一方、ゲームへかかわる姿勢が消極的で、淡々としたプレーが悪い意味で目立つことが少なくなかった。しかし、最近の彼は、状況に合わせて味方にプレーをさせることが上手くなってきた。これは、自分のところでその分“負担”を背負っているからに他ならない。

以前、モドリッチとクロースの比較でも書いたように、本当に上手い選手は味方が楽にプレーできるよう自らの技術で“負担”を背負う。そのためには「覚悟」や「意志」が必要だ。

分かりやすい例として、大島の師匠ともいえる中村憲剛が昨年の名古屋グランパス戦で見せたプレーを紹介したい。

川崎らしいパス回しから生まれた見事なゴールだったため記憶している人も多いのではないかと思われる。

このゴールでキーになったのは中村のプレーだ。

ボールを繋ぐことに意識が行きすぎて攻撃が停滞することもある川崎。効果的なアクションを起こしたのはやはり中村だった。

中村憲剛

鋭い縦パスから飛び出し一気に相手の裏を取ると、受けたボールをワンツーで中野へは返さず、その奥の田坂へパス。この後は田坂が落とし、中野がラストパス、大久保がゴールへと流し込んだ。

いずれもダイレクトでのプレー。この3人が楽にプレーできたのは、中村がその分の“負担”を自らの技術とビジョンで背負い、難しい体勢からより良いパスを送ったからである。

中村憲剛

普通は近いところへ出してしまいがち。中村が違いを見せた典型的な場面だ。

最近の大島のプレーからは、こうした“負担”を背負う「覚悟」が攻守において見られる。

しっかりとプレーに角度を付け、相手の重心を意識しながら味方へメッセージ付きのパスを送り、次のポジションに入る。そうしたちょっとした気遣いの積み重ねが、サッカーにおいては最終的にゴールが決まるか決まらないか、勝つか負けるかという結果に繋がるのだ。

もちろん大島にも、足もと深くにボールを収めるクセのせいで中長距離の展開力に難があるなどまだまだ課題はある。ただ、技術で“負担”を背負える選手は日本代表でも決して多くなく、守備面での向上を考えると今後、人材不足が囁かれるボランチで貴重な戦力となりそうな印象だ。

いよいよ始まるワールドカップの最終予選。「リオ経由ロシア行き」の新戦力として、ハリルホジッチ監督も大島に期待しているに違いない。