「あったらいいのに」から生まれた、コンパクトなマスキングテープ

写真拡大 (全3枚)

次々と誕生するアイデア文房具ですが、そのアイデアの源として女子高生に白羽の矢を立てたのが、キングジムから発売中の「KITTA」です。
KITTAは、一見すると付箋のようでじつはシート状になったマスキングテープ。キングジムが高木学園女子高等学校と始めた、「今までにない新しい文房具」をテーマにしたプロジェクトから誕生しました。
普段使っている文房具への不満をもとに誕生したKITTA。KITTAが解決したのは、マスキングテープは便利だけど持ち歩きにくいという点。それを付箋のような形にし、さまざまな柄を一緒のパッケージにすることで使い勝手を良くしています。柄も幅広い世代が使いやすいようにシートごとにイメージがわけられており、中には大人が使いやすいデザインのものも!

すべて40枚(15×50mmのテープが10枚×4柄)入り/320円(税抜)
手帳などのアクセントとして活用するほか、BBQなどでカトラリーや紙コップが誰のものか見分けるのに使用したりと、楽しい使い方がどんどん浮かんできます。
[小さく持てるマスキングテープ「KITTA」]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。