Doctors Me(ドクターズミー)- おやすみ前の5つの工夫で、美肌を目指しませんか?

写真拡大

なぜ睡眠が不足するとお肌のトラブルが起きやすくなったり、お化粧のりが悪くなったりするのでしょうか?
今回は、お肌と睡眠の深い関係について、医師に話を聞いてきました。

睡眠中、身体では何が起こっている?

夜眠っているとき、私たちの脳や身体は休んで疲れをとります。
睡眠中は、体の機能を調節する働きを持つ「交感神経」と「副交感神経」の2つの自律神経のうち、全身をリラックスさせる「副交感神経」が優位になります。
すると、血管が拡張、筋肉が弛緩して、お肌を含めた全身の血流が良くなります。

また、睡眠中は「成長ホルモン」が分泌されます。
この「成長ホルモン」は子どもだけではなく、大人にとっても大切なホルモンです。成長ホルモンの助けによって、お肌の正常なターンオーバーが促進され、フレッシュな肌でいられるようになります。

「シンデレラタイム」は夜10時〜深夜2時

成長ホルモンは、夜10時から午前2時くらいまでの間に、最も活発に分泌されるといわれていて、この時間帯は「シンデレラタイム」と呼ばれています。
この時間に良質な睡眠をとっていることが、美肌を保つためにとてもいいと考えられています。

そうはいっても、夜型の生活になりがちな私たちにとって、夜10時に熟睡しているということは結構、ハードルの高いことです。
いつもより何時間も早く寝ようとするとかえって目がさえてしまって、結局朝までうつらうつらしか眠れず逆効果だった、などという場合もあるでしょう。

しかし、夜10時にはこだわらなくても、限られた条件の中で少しでも早く良質な睡眠に入れるといいですね。
そのためには、ある程度の工夫や心がけが必要です。

良質な睡眠のための5つの工夫

少しでも早く良質な睡眠に入れるよう、簡単にできる工夫としては次のようなものがあります。

1.寝る前のスマホ、パソコンをやめる
これは耳の痛い方が多いのではないでしょうか。
電子画面の光はブルーライトといって非常に覚醒効果の強い光です。電子画面は寝る数時間前から控え、メールやSNSも控えるようにしましょう。

2.夕方からカフェインを控える
コーヒーや濃い緑茶は控え、ノンカフェインの麦茶やルイボスティーなどに替えましょう。

3.少し早めの時間に、ゆっくりお風呂に入る
ぬるめのお風呂にゆっくり入ることは、神経を鎮めリラックスさせるのに効果的です。

4.寝室の環境を快適に整える
寝具、特に枕の高さ・硬さ、部屋の暗さ・静かさなどを改善して、眠りやすい環境を整えましょう。

5.寝る直前の食事はしない
眠りたい時間の3時間くらい前に食事を済ませておくと、寝ている間に胃腸も休まり、すっきり目覚めることができます。

医師からのアドバイス

睡眠習慣は一朝一夕には変えられませんが、一晩でもぐっすり眠れれば、それが美肌への第一歩です。
忙しい日々でも、5つの工夫を意識して過ごし、美肌を目指してみてはいかがでしょうか。

(監修:Doctors Me 医師)