8人に1人が該当!ゲップやオナラが止まらない病気

写真拡大


執筆:Mocosuku編集部
監修:岡本 良平(医師)


学校や会社にいるとき、はたまたカレやカノジョとの時間を楽しんでいる時。急にゲップやオナラが出そうになった経験はありませんか?

胃の調子が良くないときや、便秘気味なときにも似た症状がみられますね。
しかし、常日頃からゲップやオナラが止まらない状態であるならば、それは「呑気症(どんきしょう)」かもしれません。

 ゲップやオナラが止まらない「呑気症」


呑気症は、大量の空気を飲み込むことによって胃や腸に空気がたまり、胃や腸がふくらんでいるように感じる症状のこと。「空気嚥下症(くうきえんげしょう)」とも呼ばれています。日本では約1500万人の患者がおり、だいたい8人に1人が呑気症を経験しています。

とくに20〜50代の女性に多いといわれ、体内にガスをためこみすぎてしまうことにストレスを感じている人もいるのです。
呑気症の主な症状は次の通りです。


・ゲップがたくさん出る
・オナラがたくさん出る
・胃もたれ
・腹部膨満感

ゲップやオナラなどが排出されますが、いずれもクサくありません。ニオイのあるゲップやオナラは消化や腸内細菌などにより、胃腸でつくられたガスです。日常的に胃や腸の張りを感じ、ゲップやガスに悩まされているのであれば注意が必要です。

空気を飲み込みすぎてしまう、呑気症の原因


通常、食べ物や飲み物にもわずかな空気が含まれています。そして、食事をとったときに飲み込んだ少量の空気は、ゲップやガスで排出される仕組みになっています。しかし、呑気症の場合は飲食物だけでなく、日常生活のなかで無意識に空気をたくさん飲み込んでしまっているのです。

人は緊張や不安を感じたときに唾液を飲み込みます。呑気症の人は唾液と一緒に3〜5ccの空気を飲み込み、多い場合は午前中だけでも20回この動作を繰り返します。

すると、昼食をとった後には200ccもの空気がたまっていることになります。ストレスを抱えると無意識のうちに唾液を飲み込む量が多くなり、胃や腸にたまってしまうのです。

また、人前でゲップやオナラを抑えようとして空気を飲み込んでしまうという悪循環に陥ってしまうこともあります。

・ストレスを多く抱えている人
・不安になりやすい人
・噛み合わせがよくない人
・早食いの人
・歯を噛みしめるくせのある人

上記に当てはまる人は呑気症になりやすい傾向があります。

「呑気症」を治すにはどうすればいい?


呑気症は習慣や癖になっているため、治すのには時間がかかります。また人によってさまざまな症状があり、ストレスの原因を特定しにくいのも特徴です。場合によっては心療内科に受診する必要も出てきます。


歯を噛みしめてしまう癖のある人は、マウスピースを使うことで空気をのみこむ癖を直すこともできます。

とはいえ、一番大切なのはストレスをためないことです。規則正しい生活を送り、ストレスフリーな日常を過ごすことで無意識に空気を飲み込んでしまう癖を治すことができるでしょう。