珍しくロン毛なマット・デイモン

写真拡大

『ボーン』シリーズ最新作となる『ジェイソン・ボーン』を引っさげ、マット・デイモンが前作『ボーン・アルティメイタム』での来日(2007年10月)以来、約9年ぶりに日本に! 8月18日に東京ミッドタウンで行われた同作のジャパンプレミアに登場した。

[動画]この記事の動画/マット・デイモンがロン毛で来日。その理由とは?

この日は昼から降り始めた大雨に、屋外でのレッドカーペットイベント開催が危ぶまれる中、300人のファンの熱い思いが天に通じたのか、イベント開始直前に雨が止むという奇跡が! リムジンで会場に到着したデイモンの姿にファンの熱気が最高潮に上がると、雨の中でも待ち続けてくれたファン1人ひとりにデイモンが丁寧にファンサービス。通り過ぎてしまったゾーンがあれば戻って対応するなどマメな一面も垣間見せた。

また今回は珍しく髪を後ろで結んだロン毛姿で登場したデイモン。レッドカーペットでは、その理由を聞かれ「去年、中国で撮った新作のためです、撮り直しがこれからあるので、まだ切れないんです」と答えた。

その後、ステージに登壇したデイモンは「9年ぶりに同じスタッフやキャストが再集結してこの映画を作れました。こういう機会を与えてくださったファンのみなさまに心から感謝しています」とコメント。2020年に控える東京オリンピックに、ぜひ来日してくれないかという要望には「選手としては来れないけど(笑)、ぜひ見に来たいね!」と話した。

ファンへのメッセージでは「3部作が終わった後、みなさんから『次はいつなんだ』と何度も何度も聞かれました。これだけ要望があるのだったら、ぜひとも作りたいねという話になってスタートしたので、ファンのみなさまのために本作を作りました」と答えていた。

さらにこの日は、タキシードに身を包んだ日本を代表する人気“モン”のくま“モン”が応援に駆け付け、マット・デイ“モン”に花束を贈呈。この可愛いゲストにはデイモンも思わず笑みをこぼしていた。

『ジェイソン・ボーン』は10月7日よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開となる。