星をイメージしたカクテルも♪羽田空港のプラネタリウムカフェ「スターリーカフェ」

写真拡大

羽田空港にプラネタリウムで星空を眺めながらロマンチックなひと時が過ごせるカフェがあるのをご存知ですか?都心から近く、気軽に行けるのも魅力で、飛行機を利用しなくても、休日や仕事帰りにふらりと訪れ、美しい星のきらめきを楽しめます。どんなカフェなのかのぞいてみましょう。

羽田空港国際線ターミナルにあるプラネタリウムカフェ

海外からの旅行客をはじめ、年間1000万人以上の人々が利用する羽田国際線旅客ターミナル。モノレールと京浜急行線が乗り入れ、駅にも直結しているからアクセスも便利です。

「PLANETARIUM Starry Cafe(プラネタリウム スターリーカフェ)」は、羽田国際線旅客ターミナル5階“TOKYO POP TOWN”内のCOOL ZONEにあります。こちらのカフェは「CAFFE&BAR PRONTO」が運営し、コーヒーやパスタをはじめ、アルコールやおつまみなどのメニューも充実しています。

店内は、明るいカフェスペースと、星空が楽しめるプラネタリウムスペースに分かれています。

プラネタリウムが観賞できるのは、お店の奥にあるドーム内。スターリーカフェタイム(11:00〜17:00)とスターリーバータイム(17:30〜23:00)には、ドーム全天に映し出される約4000万個の美しい星の輝きを眺めながら食事やドリンクがいただけます。プラネタリウムの入場料は520円。別途ワンドリンク制になっています。

プラネタリウムで上映されるプログラムは、季節の星座を解説付きで紹介するものから、宇宙の迫力ある映像が見られるものなど、さまざま。ここだけでしか見られない、羽田空港オリジナルプログラムも楽しめます。

自分にぴったりの楽しみ方で星空を満喫♪

上映時間は3分〜15分程度の短めのものがほとんど。神秘的な星の世界やダイナミックな宇宙空間を手軽に体感できるので、フライト前の待ち時間にはもちろん、ふらりと訪れてロマンチックなひと時を過ごせます。

時間制限はないので、好きなだけ星空を眺めていられるのも嬉しいですね。ただし、3分間のミニプログラム上映中の入出場はできますが、15分間のプラネタリウム番組の上映中は途中入場はできないので、上映時間の15分前にはお店に着いているようにしましょう。
上映プログラムについての情報は、ホームページで確認してくださいね。

星をイメージしたオリジナルカクテル

こちらのお店だけでいただけるオリジナルカクテルも人気です。
「スターリーベリーニ」は、地球から1600後年の彼方に煌めく、オリオン大星雲をイメージ。グラスの中ではじけるスパークリングワインの泡が星の瞬きのように見える、きれいなオレンジ色をしたお酒です。
ひとくちいただくと爽やかな味が口の中に広がるワインベースのカクテルは、女性にも人気の飲みやすい味わい。グラスを傾けながら宇宙を旅するように星空を眺める…そんな時間を過ごすのもいいですね。

その他にも、夏にぴったりの冷たいスイーツ、オリジナルの「スターリーチュロスサンデー」もおすすめ。

星を散りばめた見た目にも可愛いソフトクリームとサクサクのチュロス、両方の味が楽しめるちょっと嬉しいスイーツなんですよ。

飛行機が飛び立つ姿が目の前で見られる展望デッキ

お店を出た後は、飛行機が離着陸する光景が目の前で見られる展望デッキへ立ち寄ってみては。
展望デッキへは、5階のフロアから行くことができます。

国際線と国内線の飛行機ともに同じ滑走路を使用するので、時間帯によっては次々に飛び立つ飛行機や着陸する飛行機が見られます。
使われる滑走路は風向きによって変わるそうですが、取材時には展望デッキの真正面にある滑走路が離陸に使われていました。大空へ悠々と飛び立っていく飛行機を眺めていると、気分も大らかになるようで、日常を忘れてゆったり時間が過ごせますよ。

星が降るような感動的な空間で自分だけの時間を過ごせる「スターリーカフェ」。
羽田空港国際線ターミナル内にあるプラネタリウムで、夢のあるひと時を楽しみませんか。

ことりっぷの最新記事