タイ王国のナショナルフラッグキャリア、タイ国際航空。

1960年5月より日本への乗り入れを開始し、現在、日本-タイランド間は、 東京(成田/羽田)、大阪、名古屋、福岡、札幌から週70便以上が運行しています。

さて、タイ国際航空には「ロイヤル・ファーストクラス」、「ロイヤル・シルククラス」、「エコノミークラス」の3つのクラスがあり、「ロイヤルシルク・クラス」がいわゆるビジネスクラスのこと。

ロイヤルシルク・クラスの搭乗者は、ストレスフリーな特別なチェックインや、快適なリクライニングシートなど、エコノミークラスにはない特典が受けられますが、もうひとつ、空港のスパラウンジで無料マッサージを受けられることをご存知でしょうか。

マッサージが受けられるのは、バンコク・スワンナプーム国際空港内のロイヤルオーキッドスパ・ラウンジ。

出国の手続きを行うイミグレーション(パスポートコントロール)を通過した後のエリア、スワンナプーム空港ビル3階、コンコースDにあります。

ロイヤルオーキッドスパ・ラウンジでは、スタッフたちがにこやかにお出迎え。搭乗券を提示すると、待合室へと案内されます。

ラグジュアリーな雰囲気の待合室。椅子に腰を下ろすと、お茶を運んできてもらえます。

バスルームも広々としていて清潔。

案内されたのはウッディな雰囲気の半個室。ドアのある部屋ではありませんが、隣りのブーストは壁で仕切られているため、他のお客さんを気にすることなく、心身ともにリラックスできます。

(ファーストクラス搭乗者は、プライベートルームで全身スパトリートメントを受けることができるそうです!)

首肩マッサージ(30分)、またはフットマッサージ(30分)が無料で受けられるので、私は首肩マッサージをセレクト。短い時間ではありますが、しっかり揉んでもらって、旅の疲れが癒されました。

ビジネスクラス利用者が空港ラウンジで無料で飲食や休憩できるのは一般的ですが、スパラウンジで無料マッサージが受けられるのは、タイ国際航空ならではのサービスといえるのではないでしょうか。

バンコク・スワンナプーム国際空港内のロイヤルオーキッドスパ・ラウンジを利用できるのは、タイ国際航空ロイヤルファーストクラス、ロイヤルシルククラスに搭乗する人で、搭乗券の提示が必要。

ロイヤルファースト搭乗者の場合、無料で全身スパトリートメントまたはボディマッサージ(1時間)を受けられます。そのほか、首肩マッサージ、フットマッサージ(30分)のメニューも可能。
ロイヤルシルククラス搭乗者の場合、首肩マッサージまたはフットマッサージ(30分)が無料となります。

タイ国際航空のビジネスクラス(ロイヤルシルククラス)に搭乗する際は、ぜひ利用してみてくださいね。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

ラウンジ名:タイ国際航空ロイヤルオーキッドスパラウンジ
場所:スワンナプーム空港ビル3階、コンコースD
営業時間:06:00a.m.〜11:30 p.m.まで

※ロイヤルオーキッドスパラウンジは空港の端のほうにあるため、搭乗口までかなり距離がある場合があります。利用する場合は、余裕をもって搭乗時刻に間に合うようにしましょう。