8月20日(土)に開催される平成28年度 川崎市制記念 第75回多摩川花火大会/平成27年度川崎市観光写真コンクール入賞作品 中根英治【真夏の夜空を彩る】

写真拡大

夏といえば花火だが、既に8月も後半に突入してしまった。そこで今回は「行きたかったけど行けなかった」という人のために“まだ間に合う花火大会”を紹介しよう。

【写真を見る】映画のまち調布“夏”花火2016は8月21日(日)に開催!/第4回映画のまち調布“夏”花火フォトコンテスト 最優秀賞「彩華乱舞」岡田龍明

■ 平成28年度 川崎市制記念 第75回多摩川花火大会 ※開催日/8月20日(土)

川崎市制記念として毎年行われる同大会。約6000発の花火が真夏の夜空を彩る。注目は、光と音楽のコラボレーション「ハナビリュージョン」だ。

また、ご当地アイドルのミニライブなどステージイベントも開催されるので是非チェックしてみて。

■ 映画のまち調布“夏”花火2016 ※開催日/8月21日(日)

約8500発(最大8号玉)が打ち上げられる同花火大会。多摩川の自然をバックに豪華絢爛なプログラムが実施される。ちなみに、こちらでも音楽と花火が共演する調布花火名物「ハナビリュージョン」を実施。音楽と華麗にシンクロする生き生きとした演出は必見だ。【ウォーカープラス編集部/Raira】