未来を見にいく『WIRED』な旅:北欧イノヴェイションの最前線を体感してきた【WIRED REAL WORLD #1 エストニアツアー報告会・8/30開催!】

写真拡大

WIREDがH.I.S.との協働によってスタートした、新たな「旅」のサーヴィス「WIRED REAL WORLD」。イノヴェイションの最前線を体感することを旨に、今年5月、第1回目となるツアーを開催。「エストニア・ラディカル・イノヴェイションツアー」で参加者とともに見てきた「いま、すぐそこにある未来」をレポートする。

SLIDE SHOW 「未来を見にいく『WIRED』な旅:北欧イノヴェイションの最前線を体感してきた【WIRED REAL WORLD #1 エストニアツアー報告会・8/30開催!】」の写真・リンク付きの記事はこちら
02

2/7エストニアが誇るテック・カンファレンス「Lattitude 59」の会場内のカフェテリア。

00020020

3/72日間にわたる「Lattitude 59」ではエストニアだけでなくアメリカ、イギリス、スペイン、アジアなどのスタートアップなども登壇。

05

4/7「Lattitude 59」の初日の夜には、別会場でクラブイヴェントが開催。こちらの会場となったのは、工場跡地を若いクリエイター向けのインキュベイション施設。テックカルチャーとクリエイティヴカルチャーの近さを感じた。

03

5/7Skypeのファウンダーが率いるロボった宅配スタートアップ「Starship Technologies」。ロンドンやカリフォルニアなどの路上で実証実験がすでに進んでおり、実用化はすでに目前。

04

6/7エストニアの産学協同の拠点 MEKTORY(Tallinn University of Technology)にてVRのデモンストレーションを体験するツアー参加者。

06

7/7MEKTORY内の空調の実験室。狭い空間だが、学内のちょっとしたクラブイベントに使われたりもするという。

Prev Next

『WIRED』日本版とH.I.S.との協働により今年からはじまった新しい旅のサーヴィス「WIRED REAL WORLD」。従来の観光でも視察旅行でもない、自らのマインドセットを未来に向けて更新し、新しいビジネス+カルチャー+テクノロジーに触れるためのツアーだ。

その第1回目が今年5月30日〜6月5日に実施された、題して「WIRED REAL WORLD エストニア・ラディカル・イノヴェイションツアー」。

第1回目のデスティネーションとなったエストニアは、国家をあげて大胆なデジタル戦略、イノヴェイションを遂行してきたバルト海に面した小国。行政インフラをとことんまでITによって効率化し、納税から車両登録から、医療福祉にいたるさまざまなサーヴィスをオンライン化、さらにはヴァーチャル国籍までをも国として発行するラジカルすぎるIT先進国は、スカイプをはじめとする、グローバルスタートアップの揺籃地としても知られる。最近では、次期EUの議長国に選ばれたことで、新たに注目をしている人もいるかもしれない。

00020020

2日間にわたる「Lattitude 59」では、エストニアだけでなくアメリカ、イギリス、スペイン、アジアなどからスタートアップらが登壇。

「WIRED REAL WORLD」では、参加者たちとともに、エストニア最大のイノヴェイションカンファレンス「Lattitude 59」に参加したほか、ブロックチェーン・テクノロジーを用いた重量級セキュリティスタートアップ「Guardtime」や、スカイプの元ファウンダーが手がけるロボット宅配スタートアップ「Starship Technologies」、日本でも展開がはじまった海外送金サーヴィス企業「TRANSFERWISE」など、エストニアが誇る気鋭のイノヴェイターたち、さらに産学連携の最前線となる施設からインディ・クラフトビール工房まで、多種多様な業種の最前衛を訪ね、人々と交流するなかで、未来の萌芽を探した。

イノヴェイションを社会・産業のど真ん中に据え、気負うことなく、着実に未来へと歩みを進めていくエストニア。とかくムーンショットを狙いがちなシリコンヴァレー型のアメリカン・イノヴェイションとは異なる、リアルでいて強固に現実的なヴィジョンに、参加者は大いに感化され、また「手に届く未来」を実感としてもち帰ることができた。

また単に一方的に学ぶだけでなく、新しいビジネスを生み出すような双方向の出会いを創出することも、このツアーにおいては重視したが、結果として、このツアーのなかから新たな共同研究やコラボレーションの道筋が生まれることにもなった。

今回開催する報告会では、ツアーディレクター、プロデューサーとともに、ツアーのなかで見えたエストニアのイノヴェイションの本質、最新のテクノロジー動向などを語るとともに、「WIRED REAL WORLD」が体現しようとしている新しい旅の価値、よりイノヴェイティヴでコラボラティヴな「視察」のあり方を語る。また来年以降企画しているツアー・プログラムの一端なども紹介。

アイデアに行き詰まり、自己革新の困難さに直面し、新たな突破口を探すべく日々苦闘する企業やビジネスパーソンが、未来の風を体感し、自分のなかに新しいOSをインストールするための技法としての「旅」。その新しい可能性を、この機会にぜひ、感じ取ってほしい。

WIRED REAL WORLD エストニアツアー報告会

登壇者

若林恵(ツアーディレクター:『WIRED』日本版編集長)Raul Allikivi(ツアーゲストエディター:元エストニア経済通信省 局次長)廣田周作(ツアープロデューサー:電通)

日時
8月30日(火)19:30〜(開場19:00〜)

場所
WIRED Lab.
東京都港区六本木1-3-40 アークヒルズ カラヤン広場
最寄り駅:地下鉄南北線 六本木1丁目駅(3番出口)から徒歩2分
地下鉄銀座線・南北線 溜池山王駅(13番出口)から徒歩4分

参加費
1,000円(税別):1ドリンク付
(エストニアのクラフトビールをご用意しております)
✴︎定員 35名

対象
20歳以上の方
※ お酒が提供されるイヴェントになりますのでご了承ください
※ 受付にて身分証を提示いただく場合がございます