挿し替える必要なし!SIM4枚をスマホ1台で使い分ける簡単な方法

写真拡大

日本で流通するスマートフォンのほとんどが、SIMカードスロットは一つです。だから一つの端末は一つの契約の下、一つの通信回線しか使用できません。これは、キャリアを限定しないSIMフリーのスマートフォンに格安SIMを差し込んで使用する場合でも同じです。

しかしSIMフリー端末の場合、1台でSIMカードを複数使用できます。料金も1携帯1キャリアの場合よりお得になるケースも多く、複数台持ちならぬ複数枚持ちも可能ということになります。

[関連記事]知ると得する!格安SIMに向く人、向かない人の見分け方

複数のSIMを1台のスマホで使い分けられる!

長電話したい時は通話がお得な契約のSIMカード。テザリングや動画再生にはデータ通信料が安い契約のSIMカード。せっかく増えた選択肢だからこそ、できれば最大限活用し賢くデジタルライフを送りたいものです。

ただ、その都度SIMカードを差し直すのはやはり面倒。

そんな状況下に登場するのが、Cerevoの「SIM CHANGER (デルタ)」。

scd_01

4つのSIMを同時に挿すことができ、その中から通信で使いたいSIMをアプリ上で切り替えられるんです。

scd_image

使い方は簡単。「SIM CHANGER 」には、最大4枚のSIMカードを挿入できます。ここに契約しているSIMを挿します。一方、スマートフォンのSIMカードスロットには、Bluetoothを搭載したSIMカードサイズのデバイス「ブリッジカード」を入れます。あとはBluetoothでつなぐだけ。ただし、注意点として「ブリッジカード」はiOS用とAndroid用の2種類があり、互換性がないので買い間違えにはご注意を。

bridgecard

使うSIMの切り替え作業は「SIM CHANGER 」本体を直接操作することなく、スマートフォンの画面上で専用アプリを操作するだけでOK。

scd_app

たとえば、データ通信契約用と通話契約用、海外旅行や海外出張の際に使う海外用プリペイドSIMと渡航先の事業者のSIMなど、自分の使用形態に合わせ手持ちのSIMを複数挿しておけば、いちいちSIMカードスロットを開けて挿し替える必要はなくなります。

しかも「SIM CHANGER 」自体は片手に乗るコンパクトサイズ。カバンにしまっておくだけです。内蔵バッテリーは容量3400mAhもあり、1回の充電で約30日間は連続で利用できます。

scd_02

現在、生産販売するためのクラウドファンディングを開始し、順調に金額を伸ばしています。気になる人はチェックしてみてください。

Makuake「SIM CHANGER 」>> https://www.makuake.com/project/simchanger/

 

(文/&GP編集部)

[関連記事]
iPhone SE+格安SIMカード、月いくらで使えるの?

auの格安SIMをお得に!UQmobile「イチキュッパ割」月1980円!

海外旅行に便利だわ!格安SIMとガイドブックのセット