『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』ティザービジュアル (C)2015 PARAMOUNT PICTURES.  ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

トム・クルーズが元米軍エリート秘密捜査官で、正義のためには手段を選ばない一匹狼のアウトローヒーローを演じた『アウトロー』。日本では2013年2月に公開されたこの映画の続編となる『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の特別版30秒予告映像とティザービジュアルが解禁となった。

[動画]解禁となった映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』特別版予告編

シリーズ第2弾となる本作は、リー・チャイルドのベストセラー小説「ジャック・リーチャー シリーズ」18作目の「Never Go Back」が原作。監督を、前作のクリストファー・マッカリーから代わって『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィックがつとめる。

クルーズ演じるリーチャーには独自のルールがある。そのルールとは、仲間の危機や正義のためには容赦しないこと。解禁となった予告映像は「法が裁かなくても、この俺が裁く」という言葉通り、自らの信念を貫き、拳ひとつで次々と敵をぶっ倒していくリーチャーの姿が映し出されている。

また、解禁となったティザービジュアルには、アウトローな雰囲気を漂わせる伏し目がちなリーチャーの姿が描かれているが、打って変わってティザービジュアルの下部には、激しい攻防が繰り広げられる様子が描かれている。 キャッチコピーは“決して、屈するな。=Never Give In”“決して、あきらめるな。=Never Give Up”“決して、戻るな。=Never Go Back”。この3つの“NEVER”が指す意味とは?

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は11月11日より全国公開となる。