大豆を食べても女性ホルモン効果が出ない理由は年齢にあり?

写真拡大

 大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするため、女性にとって積極的に摂りたい食材です。しかし、実はこれ、効果が得られないこともあるのだそう。

 この大豆イソフラボンがしっかりと体内で女性ホルモンのように働くためには、腸内細菌によって作られる「エクオール」という物質が欠かせないのだとか。しかし、悲しいことに腸内でこのエクオールを作ることのできる人は、およそ50%しかいないのだそう。つまり、二人に一人が大豆を食べてもそれほど効果を感じない、エクオールが作ることができない体質だというんです。

 ただし、このエクオールは年齢とも関係しているようで、特に多く作ることができる年代は40代以上ともいわれているので、その年齢に達していない人はまだ、諦めてはいけません。

 また、エクオールが作れる体質になるかどうかの一つのめやすは、大豆を毎日食べているかどうかにも関係しているようです。大豆製品といえば、納豆、豆腐、そして豆乳などがありますが、エクオールを作り出す腸内細菌を増やすためにも、ぜひこうした食品を積極的に食べておきたいものですね。