子どもが熱中症になったらどうする?その症状と見逃したくないサインとは?

写真拡大

「熱中症になると体温が上がる」と考えがちですが、実は、熱中症で体温が上がってしまったら、かなりの重症の状態だと言えます。では、重症の熱中症になる前に、どんな症状が出てくるのでしょう?そんな時には、どのように対応すれば良いのでしょう?

­

子どもは大人よりも熱中症にかかりやすいと言われています。熱中症のあれこれをおさらいして、大切なお子さんを熱中症から守ってあげましょう。
どうして子どもは大人より熱中症になりやすいの?
­

人間は常に体内で熱を発生させています。その一方で、熱が上がり過ぎないように、体温調節も行っています。

­

どのように体温調節をするかというと、よく知られているのは、汗をかいての体温調節。汗をかき、その汗が蒸発することで、体の熱を奪って、体温が下がる仕組みになっています。

他にも、体は血管を拡げることで、熱を拡散させて、体温を下げることも行います。

­

子どもはまだまだ成長段階にあるので、それらの機能が十分ではありません。汗腺の発達については特に未熟と言われていて、暑さに対して十分な汗が出ないと言われています。

­

また、子どもは体が小さいことで、コンクリートや地面からの反射熱を大人よりも受けやすい、ということも関係しています。大人が考えている以上に、子どもは暑さにさらされていると覚えておいた方がよいでしょう。
熱中症のリスクは真夏の屋外だけじゃない!
熱中症になるのは、必ずしも真夏の炎天下だとは限りません。急に気温が上昇することのある季節の変わり目には注意が必要です。子どもは体温を調節する機能が未熟ですから、急な温度の上昇に対して、体が上手く対応できないことがあるのです。

­

気温の高さだけが問題ではなく、湿度にも気をつけなければなりません。湿度が高くなると、汗をかいてもなかなか蒸発しないので、体温調節の効率が悪くなってしまいます。梅雨の終わりは特に湿度が高く、気温も急上昇することがあるので注意が必要です。また、風の少ない日も、汗が蒸発しにくいので、熱中症のリスクは高くなると言えます。

­

以上の理由から、高温多湿の条件が熱中症のリスクを高めることがわかります。高温多湿になれば、室内においても熱中症になることは十分に考えられます。梅雨の終わりの気温が急上昇した日の自宅や、体育館、車の中などは注意が必要です。

­

日差しを受ける車中は数分で40℃を超えてしまいます。寝ている子どもが可哀想、ちょっとした用事だからと、車に子どもだけを残すことはとても危険であることをくれぐれも忘れないでください。

­

また、外気の状況だけでなく、お子さん自身のコンディションも考慮すべき大切なポイントになります。体調がすぐれない時、病み上がり、疲れがたまっている時には、熱中症にかかりやすいことがあるので注意しましょう。
熱中症の初期に起こるサインとは?
­

では、熱中症になると、具体的にどのような症状が出るのでしょうか?

­

高温多湿の状況に陥ると、人間の体は体温が上がり過ぎないように血管を拡げようとします。そうすると、血圧が下がりすぎて、「めまい」をおこしたり、「立ちくらみ」を感じたりすることがあります。それらが熱中症の初期の症状です。

­

また、たくさんの汗をかくことでも体温を調節しようとします。汗をなめてみたら少し塩辛いように、汗にはナトリウムなどのミネラルが含まれています。それらミネラルが大量に失われることで、「筋肉痛」や「こむら返り」などの症状が起こることもあります。

­

そのような症状が出た場合は、速やかに対応しなければなりません。そのまま放っておくと、頭痛や吐き気、嘔吐、倦怠感などが現れ始め、重症になると、高体温やけいれん、意識障害に発展していきます。
熱中症の初期のサインが出たときの対処法!
体は必死に体温を下げようとしているので、それを助けてやることがポイントです。

­

・まずは涼しい場所へ移動しましょう。

­

・霧吹きのようなもので体に水をかけて、うちわか何かであおいで風をおこしてやると良いでしょう。人工的に汗をかいた状態を作ることで、体温の調節を手伝ってやるのです。

­

・氷があれば、大きな血管が通る首や太ももの内側、わきの下などを冷やしてやると効果的です。

­

・大量に出た汗を補うべく、水分摂取をすることも大切です。汗と一緒に塩分が失われていることを忘れてはいけません。経口補水液があれば最適ですが、スポーツドリンクや水に少々塩を加えて与えても良いでしょう。

­

それでも症状が良くならない場合は医療機関を受診しましょう。
子どもが熱中症にならないための予防策!
まず、子どもの体調には十分に注意をして、あまりすぐれない時には無理をさせないことが大切です。

­

次に、熱がこもりにくい服装を用意し、外出時には帽子を忘れないようにしましょう。日差しの強い時間帯、12時から3時ごろはできるだけ外遊びは避けるのが無難です。ただ、室内だからと安心はできません。節電にこだわり過ぎずにエアコンも上手に使用しましょう。

­

水分摂取は適宜行ってください。子どもは夢中になって水分をとることを忘れてしまうことがありますので、時々声をかけて、水分摂取を促してあげましょう。たくさんの汗をかいたときには塩分の補給も忘れないようにしてください。

­

夏休みや海開きなど、夏になると外に出る機会も増えると思いますが、熱中症には十分気を付けて、子どもとの時間を満喫してくださいね。

〈プロフィール〉

日本ではナースとしてバリバリ働いていましたが、長年の夢であったオーストラリアへの移住を果たしました!今は子育ての真っ最中、フリーランサーとして働きながら、家族5人ブリスベンで、のんびり生活しています。ナースの経験を活かした健康記事をお届けしたいと思っています。

­