おぼろ豆腐の蕎麦カルボナーラが新大久保の蕎麦カフェ&バルに新登場!のキャッチ画像

写真拡大

おぼろ豆腐で作る冷たい蕎麦カルボナーラが2016年8月22日(月)より東京・新大久保の蕎麦カフェ&バルBWACFE(ビーダブリューカフェ)に新登場します。料金は税込で850円です。見た目はカルボナーラですが、具の下にある麺はお蕎麦。ヘルシーでさっぱりの冷やし蕎麦を味わってみませんか。

おぼろ豆腐で作る冷たいカルボナーラ蕎麦はとってもヘルシー

「おぼろ豆腐で作る冷たいカルボナーラ蕎麦」は、新大久保にある蕎麦カフェ&バル「BWACFE」が提供する新メニューです。おぼろ豆腐が使われていてカロリー控えめ、さらに冷たくさっぱりしています。濃厚なおぼろ豆腐にマスカルポーネチーズをプラスしたカルボナーラソースはふんわり食感。トッピングは炙りベーコンと焼きチーズ、卵黄、ブラックペッパーです。蕎麦のダシがほんのりと香るさわやかでヘルシーな和風カルボナーラを味わってみませんか。

蕎麦カフェ&バルBWACFEの特徴

蕎麦カフェ&バルBWACFEは、「女性1人でも入れるそば屋」がコンセプトのお洒落な蕎麦カフェです。鰹ダシの効いた定番の蕎麦からユニークなオリジナルの創作蕎麦まで、幅広く提供しています。ランチタイムの客層は9割が女性客。路地裏にたたずむカフェ的な空間が魅力です。おひとりさまでも入りやすい雰囲気だと口コミで広がり、リピーターが続出しています。また、蕎麦茶ぷりんや蕎麦粉のジェラートなど、蕎麦屋さんだからこそ味わえる食後のスイーツにも注目です。

●そのほかの夏メニューをご紹介

蕎麦カルボナーラのほか、食欲をそそる夏メニューがラインアップしています。

・ピリ辛漬けまぐろとアボカドのどんぶり 山葵ソースがけ:税込780円
・揚げたて!鶏竜田の葱塩だれどんぶり 酢橘添え:税込780円

また、「夏野菜のマリネ蕎麦」や「ピリ辛鶏つけ蕎麦」など、見た目にも涼し気な夏メニューも登場。ひと足お先に提供されている「夏のとうもろこしスムージーつけ蕎麦」はすでに人気のメニューです。

カロリーを気にせず美味しいものを食べたい方へオススメの「おぼろ豆腐で作る冷たいカルボナーラ蕎麦」。ぜひこの夏に楽しんでみてください。

イベント詳細
名称:おぼろ豆腐で作る冷たいカルボナーラ蕎麦
販売場所:蕎麦カフェ&バルBWACFE
住所:東京都新宿区大久保2-7-5 共栄ビル1F
提供開始日:2016年8月22日(月)
営業時間:
月〜金曜日11:30〜23:00 (L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
日・祝日 12:00〜23:00 (L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
定休日:土曜日
公式facebook:https://www.facebook.com/%E8%95%8E%E9%BA%A6%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%90%E3%83%AB-%EF%BD%82%EF%BD%97%EF%BD%83%EF%BD%81%EF%BD%86%EF%BD%85-346230428896063/