写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは8月19日、ブラジルでのITサービス事業を強化するため中南米地域の統括会社であるNECラテンアメリカを通じ、同国のITセキュリティ企業のArcon Informaticaを買収する契約を締結したと発表した。

Arconは1995年に設立し、ITセキュリティに関するコンサルティング、システム構築、マネージドサービスの各事業を展開しており、政府機関に加え、エネルギー・金融・通信・製造などさまざまな業種の顧客を有している。

中南米地域全体のIT投資額のうち、ブラジルのIT投資額は大きな割合を占めており、近年の経済成長率は伸び悩んでいるが、IT市場は堅調に拡大し、特にITセキュリティ市場は今後も成長が見込まれているという。

NECは1968年にブラジルに現地法人を設立し、同国における通信・放送インフラの整備など多数の重要な国家プロジェクトに参画。近年は通信事業者向けネットワーク事業に加え、生体認証技術を活用したセーフティ事業や、空港、スタジアムなどの大規模施設における総合的なICTインフラの構築事業を強化している。

今回のArconの買収により、同社が有するITセキュリティ領域の技術・ノウハウや大手顧客への対応力などを活用し、ブラジルでのITセキュリティ事業の拡大を推進するほか、両社の既存顧客へのクロスセル(相互販売)によるシナジー効果の創出を図る考えだ。

(岩井 健太)