『小説 秒速5センチメートル』

写真拡大

 いよいよ8月26日(金)に公開される、新海誠監督の最新作映画『君の名は。』。神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子らが声を務め、音楽を大人気ロックバンド・RADWIMPSが担当。公開前からこの夏最高の感動作として話題を集め、新海監督みずから執筆した原作小説は、発売からわずか3日で10万部を突破、現在では30万部を突破し、同電子版のダウンロード数も好調に推移している。各電子書店では公開を記念した「『君の名は。』映画公開記念 新海誠フェア」が2016年8月19日(金)〜9月1日(木)まで開催され、新海監督の既刊本が30%オフとなる。新海監督ファンはもちろん、これまで新海監督の世界観に触れたことがない人も、この機会にチェックしてみよう。

【フェア対象作品はこちら】

『ほしのこえ』

著:大場惑 原作:新海誠 イラスト:竹岡美穂

中学生のノボルとミカコは仲の良いクラスメイトであったが、3年生の夏にミカコが国連軍選抜メンバーに抜擢、二人は宇宙と地球と離ればなれとなってしまう。携帯電話のメールで連絡を取り合う二人だったが、ミカコが乗る宇宙船が地球を離れるにつれ、その時間のズレは決定的なものへとなっていく……。新海監督、衝撃のデビュー作を小説化。


『小説 秒速5センチメートル』

新海誠

「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」いつも大切なことを教えてくれた明里、そんな彼女を守ろうとした貴樹。小学校で出会った2人は中学で離ればなれになり、それぞれの恋心と魂は彷徨を続けていく―。劇場アニメーション『秒速5センチメートル』では語られなかった彼らの心象風景を、新海誠監督みずからが繊細な筆致で小説化。1人の少年を軸に描かれる、3つの連作短編を収録する。


『星を追う子ども 1』

漫画:三谷知子 原作:新海誠

父の形見の鉱石ラジオから聴こえてきた不思議な唄を忘れられない少女アスナ。そんなアスナの前にある日、アガルタという遠い地から来た少年シュンが現れる。二人は心を通わせるが、シュンは突然アスナの前から姿を消してしまう。「もう一度あの人に会いたい」と願うアスナの前にシュンと瓜二つの少年シンと、妻との再会を願いアガルタを探し求める教師モリサキが現れる。そして開かれるアガルタへの扉。3人はそれぞれの想いを胸に、伝説の地へ旅に出る――。


『星を追う子ども アガルタの少年 1』

漫画:ひだかあさひ 原作:新海誠

「星を追う子ども」のもうひとりの主人公――シンのアナザーストーリー!! 地下世界「アガルタ」に住む優秀な兄・シュンと、その兄に憧れる弟・シン。ふたりが住む世界から「星」は見えない。アガルタの上にある世界を、ふたりは夢想する――キラキラした星が見える空は、どんなに美しい景色なのだろうか。未知なる世界への思いは、やがて兄弟を引き裂くことになる…!


『小説 言の葉の庭』

新海誠

また会うかもね。もしかしたら。雨が降ったら―。雨の朝、静かな庭で2人は出会った。靴職人を志す高校生の孝雄と、謎めいた年上の女性・雪野。迷いながらも前に進もうとする2人は、どこへ足を踏み出すのか。圧倒的な支持を受けた劇場アニメーション『言の葉の庭』を、新海誠監督みずから小説化。アニメでは描かれなかった人物やエピソードを多数織り込み、小説版ならではの新たなる作品世界を作り上げた傑作。

■「『君の名は。』映画公開記念 新海誠フェア」
期間:2016年8月19日(金)〜9月1日(木)
実施予定電子書店
「BOOK☆WALKER」
「アニメイトブックストア」
「Amazon Kindleストア」
「eBookJapan」
「紀伊國屋書店Kinoppy」
「Google play books」
「コミックシーモア」
「dブック」
「Digital e-hon」
「ニコニコ静画」
「BookLive!」
「LINEマンガ」
「楽天Kobo電子書籍ストア」
「Reader Store」

※フェア開始時刻・終了時刻は各電子書店によって異なります。
※フェア価格は電子書店によって異なる場合があります。
※フェア対象タイトルは電子書店によって異なります。
※掲載内容は変更になる場合があります。