便秘のせいで破局まで!?笑いごとじゃない仰天便秘エピソード

写真拡大

突然ですが、便秘に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。一般的に男性よりも女性に便秘が多いのは、腹筋の力が弱い、女性ホルモンの影響などと言われています。

便秘が続くとお肌が荒れ、お腹が張ってガスがたまるだけでなく、食欲不振や吐気なども生じ、気分も落ち込んでしまいますよね。

女性にとって便秘は大敵。憎い便秘のせいで、男性の前で大恥をかいてしまったエピソードをご紹介いたします。

便秘で大恥!女子の赤面エピソード

●その1:学校で倒れて…

「高校の頃、お腹が痛過ぎて倒れてしまい、意識朦朧のまま病院へ。診察の結果、極度の便秘で腸閉塞の一歩手前だったそう。処方された下剤を飲んだら数時間後にスッキリ。しかし、翌日学校に行くと好きな男子から『大丈夫!? もしかして良くない病気だったの?』と心配され、恥ずかしくてまさか便秘だったとは言えませんでした……」(医療/26歳)

●その2:ありがた迷惑な便秘薬

「普段から便秘気味な私。付き合って間もない彼と1泊旅行することになり、旅行前日に出るように便秘薬を飲みました。しかし、彼と初めての旅行で緊張しているせいか出ず、スッキリしないまま旅行へ。移動は彼がレンタカーを運転してくれたのですが、途中でものすごい便意が! 便意を引っ込めようとするものの、鳥肌が立ち、しまいには脂汗がダラダラ。結局正直に便秘薬を飲んだことを話し、次のサービスエリアでトイレに行きました。サービスエリアに着くまで、彼から『まだだよ、もう少しだから頑張るんだよ!』とまるで出産前の妊婦のごとく励まされました」(28歳/IT)

●その3:勝負パンツを見られた!

「彼の家に行ったとき、その日はエッチしそうだと思ったので勝負パンツのTバックを履いて行きました。彼の家でDVDを見てまったりしていたら腹痛が……。すぐにおさまると思っていたのにどんどん痛みは増してきて、心配した彼に病院に行くよう勧められました。病院に行ったら浣腸をすることに……しかしその日は勝負パンツ! しかも男の先生で、彼氏以外の男性にTバック姿を見られてめちゃめちゃ恥ずかしかったです」(25歳/アパレル)

●その4:ふんばりすぎて意識喪失

「便秘でお腹が苦しくて、1時間くらい便座に座っていました。お尻が痛くなってきたなぁと思っていたら目の前が真っ暗に。数時間後、同棲中の彼氏によってトイレから救出されました。もちろんお尻丸出しのまま……。踏ん張り過ぎと腹痛で気を失ってしまっていたようです。踏ん張り過ぎは良くないです」(30歳/印刷)

●その5:口臭

「一時期酷い便秘になってしまい、口からまるでう○このような口臭が漂いました。その日はデートだったのですが、キスはおろか、近付いて話したらう○こ臭が漂ってしまうので彼から離れて歩いていたら、彼が『態度が変!お前浮気してるんじゃないか!?』と大げんかに。結局彼とは便秘が原因で別れてしまいました」(29歳/メーカー)

死亡例もあり!本気の便秘はすぐに対策を

便秘症は女性特有の症状と言っても過言ではないのに、男性の前では言いづらい悩みですよね。

また、彼と一緒にいるときに便意を催したら……という不安もストレスになり、余計便秘が酷くなることもあるようです。

便秘は腸閉塞や大腸がんの原因にもなりますし、便秘で死亡した女性の例もあります。溜め過ぎたり、薬に頼り過ぎたりせず、バランスの良い食事や適度な運動等で毎日スッキリ快便を目指したいものですね。

Written by 姫野ケイ