シン・ゴジラを見終わった京急関係者らしき人物の愚痴が面白い――こんなツイートが2016年8月12日に投稿され、話題になっている。

シン・ゴジラのネタバレになるかもしれないので詳しい内容は敢えて書かないが、劇中で京急の列車はあっさり破壊されてしまう。一方、JRの列車には大きな見せ場が。それを羨んだ京急関係者のお姉さんがぼやいていたということだ。しかし京急のこの扱いには少し事情があり、列車破壊の映像を撮る為には鉄道会社の許諾が必要でその許可を貰えたのが京急だけだったようだ。そう考えると京急はこの映画における影の功労者と言えるのではないだろうか。

画像はイメージです(yagi-sさん撮影、Flickrより)

このツイートには、こんな反響が。

映画の中とはいえ、自分の関わっている鉄道がやられ役でライバルが大活躍してるとあっては確かに複雑な気持ちになってしまうかも......。(ライター:長谷川オルタ)