Uberとボルボ、自律走行車の共同開発で提携

写真拡大

Uberとボルボが、自律走行車の開発を共同で行うことを発表。自律走行車による試験的なライドシェアリングサーヴィスを、今年の夏までにペンシルヴェニア州ピッツバーグで開始するという。

「Uberとボルボ、自律走行車の共同開発で提携」の写真・リンク付きの記事はこちら

Uberボルボは8月18日(米国時間)、完全自律走行車(米国自動車技術者協会が自動化のレヴェルを「4」と定める自律走行車)の開発を目指した3億ドルのプログラムで提携したことを明らかにした。両社は、2021年までに自律走行車を量産するという目標を掲げている(この年には、フォード(日本語版記事)やBMWからも自律走行車が登場する可能性がある)。

Uberのトラヴィス・カラニックCEOは、「毎年100万人以上の人々が自動車事故で亡くなっている。自律走行車はこのような悲劇の解決に役立つものだが、われわれだけでこれを実現することはできない」と語る。

今夏から実験開始

『Bloomberg』の報道によれば、ペンシルヴェニア州ピッツバーグの市民たちは、今年の夏が終わるまでにUberの新しい自律走行車に搭乗できるようになるという。ボルボのSUV「XC90」を改造したものだ。

ピッツバーグのUberユーザーたちは、自分の乗ったクルマが自律走行しているといった状況に出くわす可能性があるわけだが、現時点では、人間のオペレーターが運転席に座ることになるという。自律走行のXC90を使ったライドシェアリングサーヴィスは、しばらくの間は無料とのことだ。

Uberは2016年末までに、こうしたXC90を100台展開する予定だ。ただし、Uberは自律走行車を自ら製造するつもりはなく、ほかのクルマに搭載可能なキットを生産する計画だ。Uberは8月18日、既存のトラックを自動走行化する「あと付けキット」を開発しているスタートアップ・Ottoを買収したことを発表している

自動化するライドシェアサーヴィス

Uberは、人的な要素を排除することにしばらく前から高い関心を抱いている。グーグルとは、自律走行車の技術の利用に向けて話し合いを進めていたが、2015年2月に物別れに終わった(日本語版記事)。

また2015年2月、Uberはカーネギーメロン大学と研究協定を結んで同大学のロボット工学研究に資金を提供したが、2016年3月には研究者の多くを引き抜いてこの取り組みを頓挫させた。

引き抜かれた研究者らは現在、Uberがピッツバーグに構えている「Uber Advanced Technologies Center」で働いている。この技術センターは、フォード「Fusion」のハイブリッド車をベースとした自律走行車のテストを市内で行ってきた

一方、ゼネラルモータース(GM)は、Uberの最大のライヴァルであるLyftに5億ドルを投資し(日本語版記事)、シボレーの電気自動車「Bolt EV」を利用した自律走行車のサーヴィスを提供しようとしている。また、われわれが聞いたところでは、フォードも近いうちにライドシェアリング市場に参入する計画のようだ。

RELATED