サマソニにVRブースが登場!目の前でアーティストが演奏する空間を再現

写真拡大

ついにサマソニにVRがやってくる!8月20日、21日に開催される夏フェス「SUMMER SONIC」東京会場内のオーディオテクニカPRブースでVR映像を活用した視聴体験が提供されます。この企画はオーディオテクニカと、マーケティング支援を行う株式会社トライバルメディアハウスのエンターテイメント専門特化型ユニットである「Modern Age / モダンエイジ」、そしてサマソニ出演予定のSANABAGUN.によるもの。360度どこを見てもアーティストが演奏している情景に没入することができます。

■ 目の前でアーティストが演奏している臨場感をVRで

フューチャーされるアーティストは、SANABAGUN.とよばれるメンバーが全員平成生まれのヒップホップグループです。最近話題のロックバンドSuchmosのメンバーもSANABAGUN.の一員。その類まれな音楽性やステージでの演出ゆえ、今回SANABAGUN.が抜擢されました。この企画のタイトルは「AT-VR 360° Live EX -from SANABAGUN.-」。-オーディオテクニカの高音質なヘッドフォンとVRを組み合わせることによって、360度どこを見てもSANABAGUN.が音を奏でているような没入感を味わうことができます。また、この企画のためにSANABAGUN.はスペシャル音源を用意しているようです。

■ 新たな音楽体験を提供

オーディオテクニカは日本を代表するオーディオメーカー。そして、「Modern Age / モダンエイジ」は、音楽を中心としてエンターテイメント全般を支援するエンターテイメントに特化したマーケティングレーベルです。エンターテイメントマーケティングの雄「Modern Age/モダンエイジ」が音楽に最新テクノロジーのVRを取り入れることによって、「音楽には感動がある」というオーディオテクニカの思いを最大限に引き出した企画といえるでしょう。

■ この没入感、味わうしかない

「AT-VR 360° Live EX -from SANABAGUN.-」は、見渡せばどこでも目の前でアーティストが音を奏でている空間を作りあげています。ライブ会場では、必ずしもミュージシャンの目の前で音楽を聴けるわけではありません。ましてやフェスのような大きな会場では最前列で音楽を聴けるなんてめったにないことです。しかし、このような望みを叶えてくれるのがこの企画。自分の目の前で、しかも自分だけのためにアーティストが音を奏でているかのような空間が実現するのです。なんて幸せなことでしょうか。今年のサマソニはRadiohead、Underworld、THE YELLOW MONKEYなどと豪華メンツ勢揃いでどれも見逃せません。しかし、タイムテーブルの空き時間に、オーディオテクニカPRブースで足を運んでみてはどうでしょう? きっとフェスとはひと味違った新たな音楽体験ができるはずです。

(image by デジタルマーケティング支援会社 株式会社トライバルメディアハウス)
(著:nanapiユーザー・mekds 編集:nanapi編集部)