客の動線を分析 ピーチ・ジョンが店舗デジタル化を推進

写真拡大

 ピーチ・ジョンが8月中旬からルミネ2新宿店と新宿三丁目店の2店舗に、店舗分析大手の米リテールネクストの店舗IoT(モノのインターネット)プラットフォームを設置する。入店率や顧客属性、購買率などの情報を収集・分析し、販売効率アップと顧客満足度の向上に繋げる。 ピーチ・ジョンが店舗デジタル化の画像を拡大

 IoTの導入により、入店客の性別や年齢など顧客の属性、購買した人・しない人が店内をどのような導線で動いたか、どの棚の前で何秒滞在したか、販売員と接する時間、試着する人の割合、購買率などを細かく記録することでき、これらを集計したデータをもとにVMDや商品の棚割り、接客方法の改善や販売員のシフトに反映していく。 リテールネクストは300以上の小売業にIoTサービスを提供。ファッション関連ではブルーミングデールズやシアーズ、アメリカンアパレル、ラルフローレンなどで実績があり、導入した店舗では初年度平均6〜8%売り上げを伸ばしているという。