5アンダーで首位発進を決めた奥田靖己(撮影:ALBA)

写真拡大

<ファンケルクラシック 初日◇19日◇裾野カンツリー倶楽部(6,911ヤード・パー72)>
 シニアツアー「ファンケルクラシック」が開幕。初日の競技を終え、奥田靖己とフランキー・ミノザ(フィリピン)が5アンダーで首位に立った。
 1打差の3位タイには尾崎直道、白浜育男、中西信正の3選手が、2打差の6位タイには飯合肇、加瀬秀樹、水巻善典ら6選手が入った。昨年覇者の室田淳は中嶋常幸らと並び1アンダー19位タイとなっている。
 先週、米国のシニアメジャーに出場していた崎山武志はイーブンパーの26位タイ、先週はリオ五輪に行っていた倉本昌弘は8オーバー74位と両者とも疲労のためか出遅れてしまった。
 以下に主要選手のコメントを掲載。
フランキー・ミノザ(5アンダー首位タイ)
「今日はドライバーが良かったですね。ショットの調子は良かったので、この調子で日曜日までいければ。シニアの大会はリラックスしてやれてますし、楽しみながらプレーしています。自分にプレッシャーをかけずにプレーできているので、これからもそういう気持ちでやっていきたいです。
奥田靖己(5アンダー首位タイ)
「今日はショットが良かったですね。この大会は是非とも勝ちたいし、シニアになったからにはファンケルのタイトルは是が非でも欲しい。ギャラリーの方も多いので、みんなに楽しんでもらいたいですし、この試合を楽しみに来ている人たちの期待にも応えたい。明日からも楽しみにしています」
尾崎直道(4アンダー3位タイ)
「前半は1メートルのパーパットにもシビれちゃったけど、今日のこの結果は楽しみだね。明日が終って、優勝争いのできる位置にいられたらいいなあ。まあ、今は前向きな気持ちでいられてるし、自分でもいい方向にいっていると思います」
白浜育男
「昔からこの大会で優勝すると賞金王になるイメージ。この大会から秋に向けて弾みをつけたいですよね。今シーズンは取りこぼしが多かったので、地道にスコアメイクにこだわるのが今週の目標です。ゴルフの内容はさておき、結果を求めていきたいですね」

<ゴルフ情報ALBA.Net>