写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オレンジソフトは8月19日、メール誤送信対策アプライアンス「BRODIAEA safeAttach(safeAttach)」の最新版「Version6.0」を開発し、2016年8月より出荷を開始すると発表した。

safeAttachは、添付ファイル・メール本文の自動暗号化、メール一時保留、第三者によるメール確認、条件に基づくToやCcのアドレスを強制的にBccにする機能、添付ファイルのURL化など、複数の誤送信対策をまとめたアプライアンスサーバ。

最新版では、これまでの誤送信対策機能に加え、「メール送信時質問機能」「ルールのテスト機能」「リマインダー通知機能」が追加された。

メール送信時質問機能は、メール送信時にメール内容に関する質問をダイアログ表示し、質問に回答しないとメールが送信できない機能。同機能により、目視によるメールアドレスと内容の確認では見落としがちになりやすい部分が強化され、単純作業の慣れによる誤送信を防止するという。

「ルールのテスト機能」は「safeAttach」を経由するメールに対して暗号化や保留などの動作を適用せず、条件判定の結果を確認できる機能。「リマインダー通知機能」では、保留されたメールや添付ファイルURL化で送られたメールに関して、受信者が添付ファイルをダウンロードしたことを通知する。さらに、作成したルールのエクスポート・インポートや条件コピーの機能が強化された。

価格(税別)は、基本モデル「BRODIAEA safeAttach STD」が200万円、上位モデル「BRODIAEA safeAttach HX2」が350万円となる。なお、既存ユーザーは、無償で最新版へアップデートできるという。

(山本明日美)