19日、ブラジル・リオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルスで日本の高橋礼華・松友美佐紀組が金メダルを獲得したことを受け、韓国のネットユーザーが複雑な心境を吐露している。資料写真。

写真拡大

2016年8月19日、ブラジル・リオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルスで日本の高橋礼華・松友美佐紀組が金メダルを獲得したことについて、聯合ニュースなど韓国メディアが大きく伝えている。日本バドミントン界初の五輪金メダル獲得の裏に韓国人監督の尽力があったのだ。

日本のペアを金メダルに導いたのはパク・ジュボン監督。1992年バルセロナ大会男子ダブルスで金メダル、96年アトランタ大会混合ダブルスで銀メダル、そして世界選手権で通算5度優勝という華麗な経歴を持ち、韓国では「バドミントンの伝説」と呼ばれる人物だ。聯合ニュースは、日本チームがパク氏に監督就任を要請したきっかけは、2004年アテネ大会に出場した日本選手13人中12人が1回戦で敗退した屈辱だったと説明している。パク監督就任後、08年の北京大会で日本は女子ダブルス準決勝まで勝ち進み、12年ロンドン大会では同種目で銀メダルを獲得した。

今大会、世界ランキング1位の日本の「タカマツ」ペアは準決勝で韓国のペアに快勝し、19日(日本時間)の決勝では同6位のデンマークのペアを2−1で下し金メダルを獲得した。パク監督は決勝終了後「今年は(金メダルの)可能性があるとは思ったが、確信は持てなかった」と語り、金メダル獲得目標を4年後の東京大会に置いていたことを明かした。

韓国人監督が率いた日本代表が韓国代表を下し、金メダルまで獲得したという結果に、韓国のネットユーザーの胸中は複雑なようだ。記事には多数のコメントが寄せられている。

「最高の監督を日本に送り出してしまう韓国の社会構造は何なんだろう?」
「これで日本人がありがたがると思ったら大間違い。監督の持つノウハウを全部奪い取ったらそれで終わりさ」
「いくら時代が変わったとはいっても、日本の監督として金メダル獲得というのはさすがにないんじゃないか?」

「韓国人が日の丸の付いたユニホームを着ているのを見ると悲しい」
「韓国のバドミントン協会が問題だと思う。確かにプロがお金で動くのは仕方がないけど、協会が腐り切っていることが一番大きな問題だ」
「すっきりしない。よりによって日本だなんて悲しいよ。拍手なんて贈りたくもないね」

「見事だ。韓国の名声を高めてくれたね」
「国がどこであろうと、一生懸命に努力する姿はすてきです。監督、ファイト!」
「金メダルを取るには選手の素質も重要だけど、指導者の素質によってもメダルが取れるという例を示してくれた」
「12年間待ってくれた日本は立派だね」(翻訳・編集/吉金)